it's ALL right


so goodな毎日のつづき
by mizuki_n0314
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

冬がやってくる

ここ2日間平日だけど仕事がなく、予定もなかったのでずっと家にいた。
体調もあまり良くないので気分も塞ぐ。
ちょっと寝ては起きてを繰り返して、ソファにもたれて積み重なった本の背表紙を見ている。
これはダメだなあと思った。
仕事は1日に集中するように10月から組んでもらっている。
そのため、今までと同じくらいの仕事量なのだけど、毎日はない。
休むつもりで家にいても結局家にひとりでいると良くないことばかり考える。

冷えてきてひざやつま先や肩が冷たくなる。
日が暮れるのが早くなる。
冬がやってくる。
母が亡くなった12月が、父が亡くなった2月が。

昨日妹から私のアイコンにしているねこのまこが亡くなったと聞いた。
そして今も家にひとり暮らしているねこのぼうしの話になった。
夜中に三姉妹LINE でもう亡くなった家族の話になった。
妹たちは今日仕事なのに眠れずに夜中の2時すぎまで話していた。
おじいちゃんは私と母のことをとても大事にしていて、母がお嫁に来た当初朝母より早起きしてガス釜のご飯をだまって炊いておいていた。
運動神経のにぶい私の自転車補助輪なしの練習に付き合ってくれて夏の夕立の中初めて乗れてはしゃいでずっと庭をぐるぐるまわってるのを嬉しそうに見ていた。

じいちゃんに会いたい、お母さんに会いたい、お父さんに会いたい。
でもそれは叶わない。
そしていつかとなりのおばさんに会いたい、妹に会いたいと思うのも叶わなくなるのだと分かっている。

なんか、私がやっている仕事も、やろうとしているリトルプレスも、結婚して家族が欲しいと思うことも、結局自分の穴をふさぐためなのではないかと思ってしまったりする。
でも、こう思うのはきっと具合が悪いからだと思う。
そう分かるくらいにはいろんなこととの付き合い方が分かってきた。

きっと、そんなことはない。
きっと、哀しみも愛しさも教えてもらった者だからこそできることがあると思いたい。
私にはいろんな人の愛情が詰まっている。
私が泣いたらじいちゃんもお母さんもお父さんも悲しい。
私がみんながいたことなんて忘れるくらい毎日笑って過ごしているのがいいんだと思う。
私がいなくなった後にもし妹たちが残ったとしたら私のことなんて思い出さないような日々を送ってくれることを願う。

どうするのが正しいのか正しかったのかなんて分からない。
そして私は常々思っているのだけど、正しさよりふさわしさが大事だ。
それは人に寄り添うことであり、心地よくあることだ。

明日からちょっと仕事が集中。
あったかくして早めに寝よう。
明日はかなり冷えるらしい。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2014-10-21 23:56 | days

Dreams in the dark/安藤裕子



昨日はベニーシングスのライブに友だちと。
ベニーシングスは私の大切な友だちの写真家さんに出会った夜に勧めてもらってはまった曲で、
友だちはとてもいろんなことを包み隠さず話してばいばいする時はいつもちょっとふくよかな気持ちになっている大切な人。
そして安藤裕子は前にお付き合いしていた彼が安藤裕子の曲を聴くと私を思い出すととってもお気に入りだったアーティスト。

そんな大切に包まれた夜。
写真家さんの盟友の展示を見て心動かされて、友だちと美味しいもの食べてにこにこおしゃべりして、そしてポップでハッピーな曲に包まれて。
幸せな夜でした。

そこでベニーと安藤裕子が一緒に歌ったうちの1曲がこのDreams in the dark です。
もともと大好きだった曲なのですが、今とてもこういう気分です。
かわいい曲で、ピュアでシンプルで。
いいことばかりじゃないけど、願えば叶うわけじゃないけど、
世界中の人が笑えたらいいな、世界中の夢が叶うならいいよ、
とやさしくあったかい音に乗せて歌っている。

なんか、どうでもいいことだけど、私、最近ある人を想像して、もし、結婚のご報告をするとしたら何て彼に対する気持ちを言葉にするかなと考えていて。

彼の屈託のない笑顔がなるべく多く見られますように。
彼の願いが叶いますように。
そして、日々が楽しく穏やかに過ぎていきますように。

かなあと今思っていす。
そんなことにも繋がるこの曲とっても優しい気持ちにさせてくれます。

シンプルに誰かの幸せを願うことはあたたかなことですね。

*音しかないYoutubeですが、言葉をなぞって聴いてみてください。

---

Dreams in the dark

見果てぬ 僕の夢を
からかう雪が舞って
曇るガラスに光る町並み
君に会いに行くよ
君に会いに行くよ

時計の針が 空を突き破る頃までに
願いは叶うさ 唱えてみてよ
君に会いに行くよ
君に会いに行くよ
Merry Merry
Let's one two blow kisses
Merry Merry
sweet dreams in the dark
Merry Merry
When the candle was blown out
Merry Merry
I made a wish in the dark

世界中の人が笑えたらいいな
世界中の夢が 叶うならいいよ
Merry Merry
Let's one two blow kisses
Merry Merry
sweet dreams in the dark
Merry Merry
When the candle was blown out
Merry Merry
I sang silly dreams in the dark
[PR]
by mizuki_n0314 | 2014-10-21 03:09 | music

揺り戻し

ここ最近からだの調子が良くない。
以前はなかったのだが疲れると自律神経が乱れるらしく、ほてりと寒気が一気にきたり動悸がしたりする。
あと、もうここ1年くらいなくてやっと精神的には寛解かと思ったけど、ここ1週間は気分的にも塞ぐこともある。
今日はかなりきつく、日中ずっと眠っていて22時くらいにやっと起きた。
あまりにも呼吸が苦しく不安感があったのでめったに飲まない頓服を飲んで寝ていた。

担当学校が変わったり勤務形態が変わったり、新しいクラスが始まったりしてなんだかんだ慌ただしかったなあとも思う。
そして、これはとても楽しいことだったのだけど、本屋講座に通って新しい知り合いが増えたりリトルプレスを作ることにしたりと活動量は多目だったなあと。

この病気(私の場合はうっすら病後)の場合揺り戻しというのは必ずあることなので、仕方がないかなあと思っている。
にしても、毎度のことだけどうんざりする。

リトルプレスの台割とスケジュール、印刷見積もりもしないと。
これは来週の月、火には仕上げたい。
でも、病気をして以降、集中力と稼働可能時間が減ったため読めている本も少なくて、今参考書籍となるようなものを読んでよくできているなあと思ったりしている。

そんなところも含め、日々、1日ひとつずつでもいいから、できたことを認めて行こう。
認めて進んでいこう。

そういえば、毎年使っている手帳をネットで買ったのだが、ひとまわり大きいとても持ち歩けるサイズでないのを買ってしまった。
返品するにも送料が高くつくので、これを機に、読んだ本とその日のことばを記して行くことにした。
何かのアイディアになるよう。
眠っていたものづくり&企画脳が呼び覚まされるように。

とりあえず、今日もたっぷり眠ろう。
まだまだ体調は微妙だ。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2014-10-18 01:53 | days

どこまでも

3クラスのカウンセリングがスタート。
無事今週分を終えた。
まだの方もいるけどひと山越えた感じ。

昨日発売されたばかりのサカナクションの「蓮の花」をずっとリピートして聴いている。
昨日数回聴いてのツイート。これ以上の表現は思い浮かばないのでそのまま引用。

---

神というか天使からの不意のプレゼントの蓮の花、聴くならイヤホンとか音響のいいライブ会場で聴きたい。ストラクチャーのようにどんどん重なって高揚していくのがとても気持ちいい。ふわふわ夜をたゆたいながら、その日電車の中で見たこと、話した人の表情、遠いけど低い東京の空、流れて行く情報と車窓と人の往来、でもその中に立ちすくむひとりとして手を胸の前で合わせて目を閉じて思うこと…傷み、憎しみ、かいま見える喜び、それらを胸に抱えやり場がなく祈るように毎日を生き、その繰り返しの中で胸の前で合わせた手を天に伸ばし…届く事なんてないんだけど、でも手を伸ばし昇ろうとする。昇華させたいものがあってただただ天を仰ぎ目をつむる。そんな山口さんが目に浮かびます。とても美しく本当にいい曲です。

---

配信でしかリリースされていないので耳にする機会もまだあまりないと思うけど、ぜひ一度聴いていただきたいむき出しの曲です。
なんか山下智久くんの恋愛映画の主題歌らしいんだけど、使う方もこの曲でいっちゃう方もどっちもどっちですごいなおいという感じです。

でも、この曲ちょっと音的にもドラッグとかお酒っぽいところがあって、音と声の波に酔うんですよね。
で酩酊したみたいな気分で聞いてるといろいろ考える、というか、いつもは目をそらしていたり伏せていることや思っても思っていないと思いたいことが見えて来る。

で、たぶん最近元気になったのだと思うけど、やっぱり私は勝負というか試したいし、ごまかして進みたくない。
潔く、素直に、たたかう。
で、自分がちゃんとやって、やってないやつはやってないやつって思っていい。
でも、大事なのは自分がちゃんとやること。

仕事も、リトルプレスも本屋も、大切にする人も、仲間も、今はまだない何かも。
まだまだいける、遠くまでいける。
この感覚がらしい感覚だという気がする今日この頃です。

だからと言って毎日たたかいモードなわけでもなく、花かつおが舞っているイメージしか浮かばないくらい疲れたので、明日はぐーっと寝て夜はビョークのバイオフィリアライブの映像を観に六本木に行って参ります。
久しぶりの映画、ビョークのライブは初めて見るので楽しみ。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2014-10-09 22:23 | days

タイトルが決まった(たぶん)

昨日は本屋講座1期最終日。
いつも授業が終わると終電ぎりぎりでクラスメイトとあまりお話できず帰るのだけど、昨日は最後にみんな一言ずつ感想や想いを言って、ビールで乾杯できて楽しかった。
2期以降も続くということなので、引き続き受講してリトルプレスと、本屋の仕上がりに向けてやっていきたい。
そう、そもそも私は本屋がやりたかったのだ。
でも、本屋は今回の講座でもとても明らかになったのだけど、初期費用がすごくかかる。
500万〜1000万…カウンセラーの仕事を今中断するのも中途半端だし(まだまだやりたいことはある)、仕事の傍らできるのとなると…まずリトルプレスということだ。
でも、リトルプレスをやると決めてからすごくスッといろいろなことが統合されていって、やっぱり今の私に最もふさわしい形態はリトルプレスなのだなと改めて実感している。
だし、手加減しないどころかすごくいいものを作ると意気込んでいる。
だし、デザイナーとふたりとてもいい形で今のところ進められている。

そして、ずっとどうしようねーと言っていたリトルプレスのタイトルが決まった。
デザインしてみないと分からない部分もあるのでまだまだだが、今のところ一番しっくりくるなあとも思っている。

というか、昨日の本屋講座の1期最終講義がとても楽しかった。
自分の具体案も先生に見ていただいてアドバイスをいただいて、方向性が見えて来たし、クラスの人からの期待も感じることができたし、これからともに本まわりで頑張って行けそうな心強い仲間だったんだなやっぱりという気がした。

周りの人からはけっこう飲みに行っていると思われる私だが、週に1回あるかないかくらいで、その分こういう講座やライブや講演会などに時間とお金を使っている。
(カウンセラーという仕事柄、仕事が終わってまであてどなく話をしていたいとも思わないというのもあると思うけど)

そしてそういう中で感じた感動やつながった人との関係がとても嬉しい。
1ヶ月くらいは2期までお休み。
でもリトルプレスの発売まであっという間だ。
来週から本業のカウンセリングも新しいクラスが一気に3クラス始まる。

でも、なかなかハリがあって楽しくもあるのです。
あれ、これdaysみたいな内容だったな。
ま、いっか。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2014-10-05 23:51 | work


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
DEAN & DELUC..
from 殿のBlog
謹賀新年 今年もよろしく..
from 表参道 high&low
家飯 海南鶏飯
from 表参道 high&low
お花見 代々木公園
from 表参道 high&low
検索
その他のジャンル
最新の記事
画像一覧