it's ALL right


so goodな毎日のつづき
by mizuki_n0314
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

無題

tweet書きすぎるとshort short storyのネタがなくなりそうってことに気付いたんでほどほどにします。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-07-30 02:39 | tweet

無題

私は優しい人が好きだ。
潔い人が好きだ。
でも、苦しんでいる人も好きだ。
計算ができない人も好きだ。
思いをなかなか言葉や行動にできない人も好きだ。
あっという間に本質を見抜くくらい鋭い人が好きだ。
でも、ぼーっとしていて感度の鈍い人も好きだ。
プライドが高くって、自分を飼い慣らすのが上手じゃなくて、っていう人も好きだ。
そして、人の痛みが分かる人が好きだ。
そういう人は優しいから。
そして、会うととびっきりの笑顔で「久しぶり!元気?」と言ってくれる友達が好きだ。
遠くで頑張っている友達が好きだ。
でも、ちょっと前を歩く後ろ姿を追って、小走りで背中を追いかける。
私にとって恋の始まりはそんなところだったりする。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-07-30 02:36 | tweet

無題

ふと引き寄せられるように淵へと心が向かう時。
夜の道をドライブしながら、さっきまでの話の続きのように「俺は自殺が悪いとは思わない。でも自分の友達が死ぬのはやだ。それだけだよ。」って言い切ってたのを思い出す。
彼は私にとって何者でもない。
友達でもない。恋人でもない、家族でもない、他人でもない。
私たちは「同じたまごからうまれて別々の人生を歩んで来て今出会ったふたり」と考えている。
だからって、特別でもない。
何なのか分からない。
でも、ひとり、確かに私が死ぬのはいやだと迷わず言ってくれた人がいる。
ただ単にその事実がこっちの世界へと繋いでくれていたりもする。
でも、彼に頼ろうとも思わない。
だって、自分を見ているようなんだもん。
でも、自分みたいな人が圧倒的に生を選んでサバイブしている。
彼が死んだら私はいやだ。
そういうことなのかなって思ったりする。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-07-26 00:58 | tweet

無題

考えや気持ちが乱れて止まらないことがある。
自分が収拾つかない。
そんな時はイヤホンで大音量でその時の気分を自分の持って行きたいほうに持って行けそうな音楽を聴いてただただ一人やりすごす。
そして、割とそれは成功しているらしい。
周囲には気遣いができて優等生だと思われてる。
できすぎていて面白くないとさえ言われたことがある。
努力して努力してできるようになったし、ホントはできない。
今でもちょっと気を緩ませるとできない。
スイッチを入れないとできない。
いつの間にか自動でスイッチが入るようになってしまった。
でも、できるようになってできるようになるほど周囲は遠巻きに見るように思う。
私はここにいるのと叫びたくなる。
でも、声は誰にも届かない。
でも、それでいい。
私は機能していればいいのかもしれない。
最近そんなことさえ思う。
当たり前のような顔をして今日も晴れた空を見ながら。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-07-25 23:26 | tweet

この場所って

Facebook、twitter、このブログ。
私がやっているのはこの3つなのですが、最近、twitterからのこのブログのリンクを外しました。
ので、これを読んでくださっている方は以前から読んで下さっている方ですね。
ようこそようこそ秘密の世界へ(笑)。

いや、笑っている場合でなくて、けっこう本気です。
というのも、Facebookとtwitterを始めてしばらく経ち、このブログも含めた3つの使い分けをしようと。
いや、しないとまずいだろうと。

まず、Facebookですが、使いこなせてません。
使い始めた時に大真面目に個人情報を登録してしまい、更新するとみんなに知らされてしまうのが怖くてそのまま。
もはや自分の投稿が友達だけに見られているのか全世界に公開されているのかすら微妙です。
ので、全世界に公開されても差し支えない範囲で行動しております。
ので、もっぱらいいね!を押すのとメッセージのやり取りをする用に使っています。
ので、完全外面です。
(うわっ、やな奴の言い方)
というか、お友達と繋がるツールとして考えています。
(およ、真面目な奴風)

そしてtwitter。
これはかなり好きです。
いい感じに使いこなせています。
俳句っぽくてtwitterの世界にしかないような世界があるのが楽しいです。
でも、これは新しい方との繋がりを大事にしようと、あえてロックはかけずにオープンにしています。
仕事柄所属企業名や詳しい仕事の内容は書けませんし、まるまる本名は出していませんが、関東に住んでいるキャリアカウンセラーということは明かした上で使っています。
私が重宝して使っている理由は情報収集(フォローですね)半分、自分の日々の足跡(つぶやきが備忘録みたいになっています)半分です。
更新頻度は圧倒的に1番です。
でも、オープンなので、若干、外面です。
(うわっ、またやな奴)
どんなフォロワーさんがいるかフォロワーさんの存在を意識はしています。
(およ、また真面目な奴風)

ということで、残るはこのブログなのですが、ブログは見るのにわざわざサイトにとんで見ないといけないので、おそらくよほどの方でないとご覧下さっていないと思います。
というか、そういう場所にしたいと思い、twitterからのリンクも外しました。
本当に関心を持って下さっている方に対して丁寧にのんびり、でも本音で情報を発信したいなと。
そして、発信することで私もふっと救われるのです。
誰かに聞いて欲しいんですね。
一人で抱えきれない。
そして、わざわざここに訪れてくださる方はそんな甘えを許してくださるかなという期待と不安も込めて。

追い込まれるようにまたこのブログに戻って来た私ですが、ショートショートはじめ、今後仕事でやりたいこと、日々の気付きなどきちんと綴っていきたいと思います。

ので、今後ともお手柔らかにお願い致します(笑)。

追記:あ、このブログを読んで下さっている方であれば、twitterのフォロー、Facebookのお友達申請はいつでもウェルカムですので、ぜひ。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-07-25 00:29 | days

ショートショート小話-1

ちょっと前から始めた新しい試み、ショートショート。
だいたい半分の50音が終わり、折り返し地点なので今回この試みに関する小話をちょっと。

まず、写真。
えーっと、1枚も新しく撮っていません(笑)。
ほとんどここ7年間(ちょうど写真を辞めてからですねー)のデジカメのスナップで、一部大学時代に一眼レフでポジ撮影したものをデータ化したものが入っています。
撮れよって感じですが、ストックを見ていると文章が思い浮かぶってことが多く、結局そんな感じです。
まだまだ膨大に写真はあるのでもしかすると50音終わるまで撮りおろしないのではとすら思っています(あれ、写真辞めたんじゃ)。
実家にある過去のポジを取りに行ったらさらに撮りおろしはないのではと思ってしまいます。
はい。

次に文章。
なぜか男女の関係を想像させるものばかりになってしまいました。
これは自分でも完全に予想外。
途中から気付き始めましたが。
これを自分なりに考えてみると、男女の関係を想像させるものをあえて書いているというよりは避けているテーマを除くとそれっぽいのが残るという感じです。
両親を思いがけない形で亡くしていたりするので、悲しみが底知れぬことになりそうで家族の話は避けているように思います。
また、病気を患ったということもあり、内省しすぎる話も避けています。
そして、キャリアカウンセラーという仕事柄、いかに生きるかとか働くかとか前に進むかとかはいくらでも書けるのですが、私は説教臭かったり常識ってこれよ的に言われることがキライなので、自己啓発系の話も書きません。
ということで、残るのが身近な人との小さなやりとりです。

でも。
でも、何も男女のことだけを書いているわけではありません。
何となく男女の関係っていうフィルターを通したほうが空気の振動みたいなものが伝わり易いかなあみたいに思って意識的に使ったりしています。
私の今一番注目のシンガーソングライター黒沼英之さんが同じことをインタビューで言っていて思わず「そう!」と言いそうになりました。
ま、私は黒沼さんの足下にも及びませんが。

そして、最初はノンフィクションしか書けないのかなあと思っていたこのショートショートですが、完全ノンフィクションは数編しかありません。
でも妄想、でもないんだよなあ。
何か実際に自分に起こっていることのような気がして書いているけど、実際はそのまんまは起こってないことばかりなんです。
もはやフィクションとノンフィクションの境界が自分でも曖昧です。
曖昧でいいと思っているのですが。

という種明かしをしてしまったので、ショートショート後半はちょっと展開が変わるかもな変わらないかもな感じです。

そして一番ネックなのが、書きたい文章のタイトルの頭文字がかぶる!ということです。
それなので、今日50音表を作ってチェック入れてつぶしていくことにしました。
はい。

ということで、後半もよろしくお願い致します。
(ちゃんと終われるかなあ)
[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-07-24 23:51 | short short story

ショートショート:「ひ」ひも

いつだって私は追いつかない。
前を歩くあなたのリュックのひもをクイと引っ張って
時間を引き寄せたい。

d0150688_1859135.jpg

[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-07-24 22:59 | short short story

ショートショート:「つ」爪痕

両腕に5本ずつの細い傷跡があることにふと気付く。
昨日あなたが強く握って引っ掻いた跡だろう。
腕を強く握って、手のひらを重ねる。
その爪痕。
うっすらの跡だからきっとじき消えるだろう。
また私は掴めないのかなと胸を苦しくさせる。

d0150688_19351567.jpg

[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-07-24 22:40 | short short story

ショートショート:「や」約束

自分と引きかえにあなたが守ろうとした私は何だったのだろうか。
一緒の日々を諦めず、貫き通したものは何だったのだろうか。
そんな人たちが誰もいなくなった今、ふと夜の公園を歩き思う。

こんなの全然苦じゃないという顔をしていた。
小さなことで笑っていた。
薄ら寒く夜風に揺れる桜を見て思い出す。

でも。
あれは嘘ではなかったのではないか。
きれい事ではなかったのではないか。

誰かを大事に大事に見守り抱えそして手から放つ時。
あなたたちの気持ちが少し分かった気がした。

そうだね。
きっとそれはそれでしっかりとした根っこを張った時間だったのかもしれない。
悪くない時間だったのかもしれない。

いなくなって初めて少し言葉を交わせた気がして
私はまた夜道を歩き出した。

d0150688_18293836.jpg

[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-07-24 22:29 | short short story

photo020:祈りに似ている-2

d0150688_1472944.jpg
d0150688_1472146.jpg
d0150688_1471318.jpg
d0150688_147443.jpg
d0150688_1465615.jpg
d0150688_1464666.jpg
d0150688_146374.jpg
d0150688_1462976.jpg
祈りシリーズその2。
こちらは日常のふっとした瞬間、私の生活に密着した祈り、スナップ感覚の祈り、だったような気がします(引き続きうろ覚え)。
何かよく説明できないけど、どちらかというと、今の気分はこっちですかね。
これも20歳の時のものです。

あ、お釜にほこりがだいぶかぶっているのはうちじゃないですよー(笑)。
当時お付き合いしていた掃除を全くしない彼氏の家のキッチンです。
でも、意外と好きな写真。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-07-16 01:05 | photo


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
DEAN & DELUC..
from 殿のBlog
謹賀新年 今年もよろしく..
from 表参道 high&low
家飯 海南鶏飯
from 表参道 high&low
お花見 代々木公園
from 表参道 high&low
検索
その他のジャンル
最新の記事
画像一覧