it's ALL right


so goodな毎日のつづき
by mizuki_n0314
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

日常の問題意識

私の敬愛するDJ沖野修也さんのブログの記事にはっとさせたれたのでこちらにご紹介。

「皆、ニュージーランドの事やハイチの事を忘れてはいないだろうか?」

正直ちょっと薄らいでいました。
東北関東大震災が起こる前もこれからも、世界には忘れてはいけない問題や事件が山積みです。
気付いている分だけ山積みになっていくんだと思います。
貧困、戦争、虐待、冤罪。
いつか他の誰かに起こっている出来事じゃなくて、当事者意識・問題意識を持つこと、少しだけ人の苦しみや悲しみを理解するようにすること、いつもちょっと緊張感を持っていること、この時に改めて考え直す必要があるなと思いました。

貴重な視点をありがとうございました。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2011-03-24 22:25 | days

母の音

先週末は去年12月に亡くなった母の初彼岸。
妹と一緒に実家に帰り、お墓参りをしてきました。
久しぶりに1泊して夜中、懐かしい物音を聞きました。
古い廊下をぱたぱた歩き、台所で料理をし、勝手口の扉をバタンと閉めて外に出て行く音。
実家に帰るといつも朝寝坊だった私は、早起きの母のそんな物音を聞いて安心して二度寝をしたものです。
今回は夜中だったけど、風の音かな、裏の道を車が通る音かな、それとも地震かな、夢かな、と思いましたが、たぶんあれは母だったように思います。
その音はあたたかで、私は安心してまた眠りにつきました。
明け方起きた妹にも「お母さんの音したよね」と聞いたら「した!」と言っていました。
他の物音を私たちが勝手に母の音と思い込んでいるのかもしれませんが、久しぶりにいつもの私たちの日常が戻ってきたような感じでした。
こういうのあんまり信じていなかった私ですが、自分の心か母の心がこういう現象を起こさせているのでしょうね。

そういえば、母はこのブログの一番の読者でした。
毎日必ずチェックして、更新されていると必ず感想をメールでくれました。
お料理やインテリアなど、自分が分かる内容だととてもうれしそうでした。
今もどこかでたぶんチェックしてくれていることと思います。
また夢でもいいから久しぶりに会えるといいな。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2011-03-22 22:10 | days

お世話になっています

最近のニュースでよく見かけるのが、被災者の方々がカメラに向かって自分の無事を伝えたり、家族の安否情報を求めたりするビデオレターのような映像。
何とか情報を得たいという可能性にかける被災者の方々の気持ちを利用して、その中にドラマを見出し、視聴率につなげようとするテレビ局の都合が見え隠れしてすごく好意的に見られるものではないのですが、その中でとても気になることがあります。
それは、被災者の特にお年寄りの方々の「お世話になっています」という言葉。
「今中学校にお世話になっています」
「公民館にお世話になって、おかげさまで無事でいます」
中には、取材クルーに「本当に皆さまにはご迷惑をおかけしてすみません」という方まで。
私はその言葉を聞くたび、何とも言えない気持ちでいっぱいになります。
地震や津波は自然災害です。
被災者の方々は何も悪くありません。
非常時は地域の施設に避難するのは特別なことではないですし、もっと言ってしまえば、働いて税金を納めてきているのでそれはその対価として権利としてあるはずです。
でも、お年寄りたちの中には、とても謙虚にそれをありがたいことと受け止め、迷惑をかけて申し訳ないと頭を下げる方が多いのです。
果たして私は自分の働いている職場に「お世話になっています」と、支えてくれている友達をはじめ関係者の方々に「お世話になっています」と、住んでいる自治体で働いている人に「お世話になっています」とすんなり言葉が出てくるだろうか、と考えてしまいました。
何をしてあげたから、そういう役割だからと理由をつけず、「お世話になっています」。
自分はぬくぬくした場所にいて、厳しい状況にあるお年寄りから学ぶことは本当に多いです。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2011-03-22 21:50 | days

私たちにできること

震災の惨状が連日報道され、停電の影響で都市生活がまひする中、私たちにできることは実は今まで通り生活することだったりすると思います。

ニューヨークで同時多発テロが起きた際、市民感情およびセキュリティの都合上人が集まる催し物などは軒並み中止されましたが、ブロードウェイのミュージカルやメジャーリーグはテロから程なくして復活しました。
それは、自分たちは元気だという姿を国内外に向けて表現するためと、被災した方々にとって活力となればと考えたためと言われております。
もちろん、「こんな時にエンタメなんて」という声も聞かれたはずですが、アメリカの人たちはずっと自分たちが愛して育んできた演劇やスポーツの灯を消したくはないと思ったようです。

日本でも同じことが言えるのではないでしょうか。
もちろん被災地の方々にとっては、行方不明の方が見つかり、避難生活が安定し、復興していくことが最優先です。
私たち被災地外の人間もそれを望んでいます。
でも、ただ祈る他にも私たちにできることはあるはずです。
まず、節電すること、少しでもいいので義援金を送ること、被災地に食料・生活用品がまわるように自分たちは必要な分だけ必要な時に買うこと。
それに加えてできることが今まで通り生活することだと思います。

私は大学の就職課で勤務しているのですが、学内企業説明会は中止、多くの企業は採用活動を当面見合わせるなどしています。
また、トヨタや日立、スズキなどの大手メーカーの工場は操業停止し、日経平均株価も下がっています。
鉄道が運休・間引き運転することによって人の移動も減っているはずです。
このような感じで被災していないエリアも含め、日本全体の経済活動が収縮しているのを感じます。

一方、スーパーやコンビニではカップ麺や乾電池を買い占める人が多く、売り場はがらがらです。
もちろん、東京でも余震が続いているので不安は分からなくないですが、ちょっと過剰反応ではないかと思ってしまいます。

このまま、私たちが非常事態を非常事態らしくしてしまったら、誰が喜んだり助かったりするのでしょうか。
やることをやったうえで、なるべく今まで通り仕事をし、遊び、経済活動をしたほうがいいと思います。
それは日本全体の活力にもなるし、きっと被災地の方々も私たちが同じようにずっと悲しみ続け、喪に服していることを望んではいないと思います。
昨日テレビで見た被災者の年配女性も家族が行方不明だけど、自分がしっかりしていないといけない、と近所の方々の輪に入りみんなのために炊き出しをしていました。

私たちにできることは少ないけれど、今日も今まで通り、焦らず騒がず平常心で自分らしく暮らしていればいいのだと思います。
そして、一日も早く被災地の方がテレビを観たり、趣味を楽しんだりして笑える日が来ますように。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2011-03-16 12:47 | days

東北関東大震災

とても痛ましいことが起きてしまいましたね。
連日ニュースを見て、被害の大きさ、死傷者・行方不明者の人数が時間を追うごとに多くなっていくことにとても心を痛めております。

関東でも被害はあったようですが、幸い私は帰宅できず勤務先の学校に1泊しただけで済みました。
茨城の実家も仏壇のお供えが落ちていたくらいで、大きな被害はなかったようで一安心です。

まだ、被害の全貌が明らかになっていないと思うので、早く状況を掴み救助に向かってもらえることを期待するしかないですね。
一人でも多くの方が助かることを心よりお祈りしております。

また、早速義援金の受付も始まっているみたいです。
私はオレさまに教えてもらって本当にわずかながらこちらに募金しました。
d0150688_7485841.gif
自分の持っているTポイントを1ポイント=1円で募金できるとのことです。

他の募金方法にはこちらにまとめてあります。
赤十字などまだ受付方法が決まっていないものもあるので、私も今後ウォッチしてまた募金していきたいです。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2011-03-13 07:50 | days

冨田ラボ "Live -combo-"

d0150688_11224711.jpgBLUE NOTEからのメールで素敵なイベントを発見!
冨田ラボのライブです。
冨田ラボはキリンジのほとんどの作品を手掛けているほか、Misia、平井堅、中島美嘉、クリスタル・ケイ、松任谷由実、畠山美由紀、ハナレグミなどの多くのアーティストのプロデュースをしている冨田恵一のソロ・プロジェクト。
今回のライブではbirdと秦基博がボーカルを務めるようです。
親しみやすくてハイクオリティな夜が期待できそう。
「冨田?誰?」というオレさまを無理矢理誘って、5月、行ってきます。
んー、オトナの遊びって感じでムフフ。



こちらはfeat.ハナレグミ。

冨田ラボ "Live -combo-" BLUE NOTE
[PR]
by mizuki_n0314 | 2011-03-10 22:22 | music

センス・オブ・ワンダー/RIP SLYME



この曲いいです。
RIP SLYMEのセンス・オブ・ワンダー。
浮遊感とクールなラップが気持ちいいです。
なんでも、この曲が収録されている最近発売されたアルバム「STAR」のイメージである“宇宙”を表現するためメンバーのRYO-Zが宇宙飛行士の野口聡一さんの著書「ワンダフル・プラネット!」を参考に書きあげたそうです。(この本もすごく美しいですよー)
ニュースによると野口さんのツイートでも注目を集めたとか。

RIP SLYMEってどんな作品も好きってわけではないけど、他にいないアーティストでよね。
大学生の時、まだあまり有名でなかったRIP SLYMEが他のヒップホップ系のアーティストと一緒のジョイントライブに行ったことがあるのですが、友達と「あれは絶対売れるね」と帰り道興奮して話したのを思い出します。
当時アツいメッセージ性とだぼだぼの服が主流だったヒップホップアーティスト。
でもRIP SLYMEのメンバーは全員キレイめのシャツにノンウォッシュのデニムを履いて、表情を変えずクールに歌って帰って行きました。
その印象がとても鮮烈で、ILMARIがカッコよくて(笑)。

この曲もテレビで一度聴いてすごく気に入って、今さっきラジオで聴いて夜にひとりで聴くのにマッチしているなーということでご紹介。
これからもステキな曲を作ってほしいです。

RIP SLYME オフィシャルサイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2011-03-07 21:15 | music

ナタリーニのフォトフレーム

d0150688_20215323.jpg久しぶりにインテリアでコレ欲しい!が見つかりました。
ナタリーニというイタリアのメーカーのフォトフレームです。
写真は撮るのは好きだけど撮られるのは大嫌い。
そのためオレさまとのツーショット写真など自分が写っている写真はほとんどないので、旅先で撮った花や海などを飾ろうかと思います。
2人で見た思い出の景色ってことでね。

ナタリーニはフォトフレーム専門のメーカーで、象眼細工という地の素材を彫った部分に他の素材をはめ込んで模様を作る技法(見た目は箱根の寄木細工っぽい)で作られています。
LIVING MOTIFでいろいろ取り揃えているみたいなので、インテリアや飾る写真に合わせて模様のはっきりしたもの、全体的に柔らかい印象で白っぽいものなど選べるのも嬉しいところ。
私はまず上写真のParquetを購入予定。
以前セブ島で撮ったオレンジの花の写真を飾ろうと思います。

ナタリーニ LIVING MOTIF
[PR]
by mizuki_n0314 | 2011-03-07 20:20 | goods

我が家の玄関

d0150688_19431721.jpg
狭い我が家の中で一番のお気に入りスペースの玄関です。
作りつけの靴箱の上にちょっとした棚があるのですが、そこに本を飾っています。
美術書や写真集、詩集など、装丁のきれいな本ばかりを選んで並べています。
そして気分によって立てかける本やポストカードを変えます。
ぱきっとした色合いがキレイなので今立てかけてあるブルーノ・ムナーリの絵本は定番。
ポストカードは先日tomorrowlandから送られてきた春らしい水彩画のもの。
クリスマスの時期にはスノードームやサンタのポストカードを飾りました。
もう少ししたら桜の写真集を立てかける予定です。

他のグッズは、左が日光に旅行に行った時に部屋で使われていたlothantiqueのウッドの香りのディフューザー。
オレさまも大のお気に入りです。
右にいるカワイイやつは新潮社の文庫本を読んで集めたYonda?パンダ
一応modern pets製でしっかりもの。
パンダの後ろには見えなくなっちゃってるけど、cow booksの木のブックエンドとニールズヤードのキャンドルが置いてあります。

独り暮らしだった今までの家では大きな本棚を置いて集めた本を眺めながらお酒を飲んだものですが(笑)、2人暮らしだとそんなにたくさんは本を置けないので、ぎゅっと厳選した(といっても寝室にも本が溢れているのですが)このコーナーを大事にしています。
友達にプレゼントしたりする本もここの中から同じものを買ったりしています。
またおススメはブログでも紹介していきますね。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2011-03-07 19:43 | goods

吉野弘詩集

d0150688_1644579.jpg以前映画「空気人形」の中に出てくる「生命は」という詩で知って以来大好きな詩人の吉野弘さん。
オレさまとのふたりのことを考えるうえで、この詩が心の中を行き来します。
立派でなく、完璧でなく、どこか可笑しいほうがいい。
そんな相手も自分も受け入れられるほうがいい。
んー、なかなかこんな境地には達することができないんですけどね(笑)。
近々結婚するお友達にもこの詩を贈りたいです。

ちなみに、浜田省吾の代表曲「悲しみは雪のように」は吉野さんの「雪の日に」にインスパイアされて出来た曲だそうですよ。
---

祝婚歌

二人が
睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと
気付いているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することになっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで
疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとか
無理な緊張には
色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で 風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと 胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
二人にはわかるのであってほしい

---
吉野弘詩集 Amaozon.co.jp
[PR]
by mizuki_n0314 | 2011-03-02 20:04 | book


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
DEAN & DELUC..
from 殿のBlog
謹賀新年 今年もよろしく..
from 表参道 high&low
家飯 海南鶏飯
from 表参道 high&low
お花見 代々木公園
from 表参道 high&low
検索
その他のジャンル
最新の記事
画像一覧