it's ALL right


so goodな毎日のつづき
by mizuki_n0314
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バースデーディナー☆

3月14日はマイバースデー。
「夜景の見えるレストランに行きたいなぁ~」「いいよね~」とアピールしていたら、こっそりオレさまが予約しておいてくれました。ワーイ☆
向かったのは水道橋。
え!?水道橋?
てっきりオレさまの会社のある汐留エリアか、高層ビルがいっぱいある新宿、ベイエリアあたりか…なんて思っていたのですが。
なんででしょう、どうしてでしょう、と考えつつ、オレさまについて行きました。

場所は東京ドームホテルの最上階のレストラン。
ジャズの生演奏もやっていて、アーティストカフェという名前です。

大きな窓に向かって2人並んで座ると、写真のように目の前に東京タワー、そのふもとに広がる東京の夜景がとってもきれいでした。
しかも周囲に高いビルがないから、遮るものがなくとても開放的なのです。
「夜景がキレイ」っていうのを重視して探してくれたっていうのも納得。
d0150688_15261687.jpg
お料理も、魚介をメインとして、素材の味がギュっと詰まったバラエティ豊富な食材が食べられ、大満足でした。
2人で食べるカップルプレートと白ワインを堪能いたしました。
d0150688_15262278.jpg
牛ヒレのグリル、生たこと大根のサラダ、生ハム&サラミ、鴨のテリーヌ、鰹などなど。
d0150688_1526417.jpg
メインは蟹やホタテ、桜鯛のグリル。付け合わせの野菜も美味でしたー。
d0150688_1527446.jpg
デザートはホワイトチョコのケーキ(ホワイトデーだから?)、ラズベリーシャーベット添え。

綺麗な夜景と美味しいお食事に話も弾み、私と同じか、ひょっとするとそれ以上にオレさまも楽しんでいたようで、それもよかったです(笑)。
ありがとうございました!

アーティストカフェ ホームページ
[PR]
by mizuki_n0314 | 2009-03-16 15:28 | meshi

photo006:品川アクアスタジアム

結婚式パーティーの景品でチケットが当たったので行ってきました。
休日ということもあって、館内はおおはしゃぎの子供たちでいっぱい。
あまり広くはありませんが、子供に混じって写真撮りまくりで楽しんできました☆
d0150688_14535651.jpg
イルミネーションみたい。イワシです。
d0150688_14541156.jpg
人気者のペンギン。コロコロした体ですいすい泳ぐの。
d0150688_14543168.jpg
水族館写真の定番、くらげ。どう撮ってもうまくいく(笑)。
d0150688_1454458.jpg
これが一番お気に入り。シマシマに黄色のアクセントが画になります。
d0150688_1455020.jpg
岩場に集まる色とりどりの魚たち。
d0150688_14551890.jpg
なんともブサイクなさめの裏側。
d0150688_1553117.jpg
イルカのショーってホント何度観ても感動&感心しちゃいます。あと、クジラの体長4メートルに満たないのをイルカって言うって知ってました?はじめて知ってびっくりしちゃいました。

エプソン品川アクアスタジアム 公式サイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2009-03-16 14:54 | photo

イントゥ・ザ・ワイルド

d0150688_145354.jpg最近けっこう映画・DVDを見ているのですが、その中から心に残った一本をご紹介。
ショーン・ペンが実話をもとに監督・脚本を行った「イントゥ・ザ・ワイルド」です。

裕福な家庭で育った少年クリスは、大学を優秀な成績で卒業した直後、家族も貯金も身分証明書も捨てて、一人、旅に出る。それは、文明に毒されることなく、自分を世界を身をもって理解し、すべてから自由になることを求めた旅だった。最終目的地は、アラスカの荒野。
アリゾナからカリフォルニア、サウスダコタへとたった一人で移動を続け、途中、様々な生き方をする人たちとの忘れ難い出会いと別れを繰り返して行く。

物語では雄大な自然の威力と、多くの人々との出会いの中でいろとりどりの生き様を見せつけてくれます。
ただ、何より印象的だったのが、最後の地、アラスカで孤独に震え、息絶える前にクリスが語った、
「幸せは、それを誰かと分かつとき、初めて実現する」
「僕は幸せだった。みんなの幸せを祈る。」
との言葉。

誰もが少なからず求め、日々暮らしている、自由と、魂の解放、生の実感をただひたすら追い求め、過酷な旅を続けた彼が極限の状態で見たシンプルな真理の一つにとても胸を打たれました。

イントゥ・ザ・ワイルド オフィシャルサイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2009-03-10 01:46 | movie

観たい!ラーメンズ

4月からライブツアーやるみたいですね。
チケット取りそこねました~。
出ているDVDはほぼ全部観てますが、ライブは一度も観たことありませぬ(T_T)。
「日本語学校」「たかしと父さん」「アトム」「バニーボーイ」…好きなコントは数あれど、ここでは耳に残って仕方ない「ギリギリジンジンジン」をご紹介。
あ~イチから観なおしたくなってきた☆
(You tubeでもけっこう探せます)



ラーメンズ オフィシャルサイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2009-03-05 17:52 | stage

「何なのさ」って思った夜には

「何なのさ」って思った夜には、腕を見つめて眠ります。

何のこっちゃ分からないですね(笑)。
毎日一緒に過ごしていると、相手に対して「一体何なのさ」って思うことってあること。
ほとんどが大したことじゃないんですけどね。
そんな怒りとも戸惑いともつかない思いがとび出した日の夜には
ふと隣に眠る彼の日焼けして骨ばった腕を見つめてしまいます。

それは私が知り合った頃からずっと変わらずそこにあるもの。
ワイシャツの袖から腕時計をはめた手首が長く伸びていた。
そして今でもワイシャツの袖はいつもちょっと短い。
「腕が長い人なんだな」と思っていたことを思い出します。

この手で今日も働いていろんな人に会ってきたんだな。
私の知らないたくさんの出来事があったんだろうな。
私には伝わってこないいろんなことを考えてるんだろうな。

腕を通して私の知らない彼の1日に思いを馳せると
ちっちゃな「何なのさ」はなんかどうでもいいことに思えてくるのです。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2009-03-03 23:34 | days


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
DEAN & DELUC..
from 殿のBlog
謹賀新年 今年もよろしく..
from 表参道 high&low
家飯 海南鶏飯
from 表参道 high&low
お花見 代々木公園
from 表参道 high&low
検索
その他のジャンル
最新の記事
画像一覧