it's ALL right


so goodな毎日のつづき
by mizuki_n0314
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フキコシ・ソロ・アクト・ライブ『(タイトル未定)』

d0150688_130229.jpg先週末、久々に堪能してきました吹越満のソロアクト☆
ちょっと調べてみたら、90年からずっと続けていらっしゃるんですね。
映画ネタやモノの状態から想像しましょうネタは以前観たときにもありましたが、ホント次から次からいろんなシーンやキャラクターが登場するんですよねー。
圧巻!!その創造力と身体能力には圧倒されます。
そしてやっぱナマはいいっ。
今回は「過去最多の登場人物」が登場するというネタがあったのですが、いろんな人間の存在や時間の流れを愛しくやさしく見つめる吹越満のまなざしを感じた、ちょっと心があたたかくなる作品でした。

3月まで全国各地をまわっているみたいなので
機会があればぜひ!

この日はとっても寒い風が吹く中、ステージの帰りに
これも久々の下北で美味しい魚とまるごとトマトが入った野菜たっぷりの鍋を食べて
ぽかぽかシアワセな夜でした☆


フキコシ・ソロ・アクト・ライブ『(タイトル未定)』
[PR]
by mizuki_n0314 | 2008-02-26 13:01 | stage

Daishi Dance/Melodies Melodies

d0150688_21514226.jpgなかなかあったかくならないですネ。
朝も夜も空気がピンと張って冷たい。

そんな今日この頃にはまだまだこの曲がいけます。
札幌で活動するハウスクリエイター、Daishi Danceの2ndアルバム「Melodies Melodies」の中に収録されているmusic life in forest。
透き通るようなピアノとストリングスの音がホント気持ちいい。
1ndを以前紹介してもらって以来、Daishi Danceはふとすると聴きたくなってに引っ張り出してきています。
最初は曲に聴き入っていましたが、最近は馴染んできたのでBGMとして。
この曲、クラブ好きやhouse好きだけじゃなくて、コドモもいけるんじゃないか?と思うくらい優しい曲です。
あと、最近はKALEIDO/Meu Sonho(yasutaka nakata - capsule mix)(アルバム「New Sessions!」より)もあわせてなぜか聴いちゃうヘビーローテです。

そうそう、じつはこの方You tubeにDaishi Danceのアカウントを持っていて、
クラブでのプレイとかアップしてるんです。
自らプロモーション。リスナーとダイレクトに繋がれる試みですね。
よろしければまずこちらから。

人も音も素敵な出会いは嬉しいものですネ☆

Daishi Dance/Melodies Melodies NEW WORLD RECORDS(試聴できます)
Daishi Dance You tube
[PR]
by mizuki_n0314 | 2008-02-18 21:43 | music

カレの一夜を独り占め☆

クラブミュージック専門の音楽ダウンロードサイト「wasabeat」でスゴイ企画やってます。
1月26日(土)のTokyo Jazz Meeting@The Roomの24:40~27:00までの沖野修也さんのプレイがまるごと買えちゃうというもの。
沖野さん主宰のEXTRA FREEDOMのデジタル配信スタート記念ってことらしい。
コンセプトに沿ってキレイにまとまったやつもいいのですが、やっぱり一夜の熱気とストーリーがぎゅっと濃縮されててお酒飲まずとも酔えます~☆
このサイト、他のダウンロードサイトではみかけないコアな曲が豊富で要注目です!
(注:でも、1曲ごとのお値段はiTunesのほうが安いので、まずはiTunesで検索してからのほうがいいかも。1曲あたり70円くらい違ったりします。)


[PR]
by mizuki_n0314 | 2008-02-18 14:49 | music

プレゼントは難しい

バレンタインということで、
こっそりバーニーズでベルトを買った。

黒の靴には黒のベルト、茶の靴には茶のベルト
というファッションのいろはを「そうなの??」と最近知った顔。
そういえば「どっちか1本しか持ってないんだな」と思ったのを覚えてる。

バーニーズの男性スタッフの方をサンプルに
「失礼ですけど身長は?体重は?」と無礼な質問をしてサイズを選び
素材やケア方法までお伺いし
やっと決めた1本。

家のクローゼットを開けてびっくり。
すでに持っていた1本が黒。
私が買ったのも黒…。

試着をしてもらって2度びっくり。
5個穴の真ん中で留めるはずが、一番はじっこの穴じゃないと締まらない。
やせてるやせてるお肉がないと思ってたけど、そこまでやせてはいなかったみたい…。

あげく「そうね、茶、持ってないからそっちのほうがよかったね」と笑顔で言われる始末。
そういう時はまずは、買ってきたコトを喜んでよ~。
ちょっとは気をつかえ~。

ということで明日バーニーズで
色もサイズも交換してもらうことになりました(笑)。
「あ、もちろんいいですよー。2色からお選び下さいー。」とのこと。
そしてもちろん同伴のもと。
こっそり買った意味がないー…。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2008-02-16 13:35 | days

Cherryblossoms/大森克己

d0150688_22445833.jpg
今日は一日中雪でしたね。
「早く春になんないかねー」の声を横に聞きながら、
凛とした冬の空気と止まない雪もうれしいような
でも春の風も待ち遠しいような
そんな気分の今日の一冊はコレ。
大森克己さんのCherryblossomsです。

タイトル通り、桜、桜の写真集。
桜って、花そのものだけじゃなく
モチーフとして、ストーリーとして、
いろんな顔をもつ花ですよねー。
この写真集では、通常のデイライト用のフィルムで撮った桜とともに
タングステンフィルム(室内撮影用のフィルムで、黄色みががった室内光で撮った時にバランスのよい色調になります。ゆえに自然光下で撮ると青く写ります。)で撮影したものもあり、
全体に青みがかった桜たちはその儚さや生死のイメージをより印象的なものにしています。
(コレ、以前私も試したことがあるのですが、真っ青になって意に反して海の底のような写真になってしまいました…笑)

この写真集の桜たち、
春爛漫のふくよかな桜というよりは
今の季節が合うような。
はらはら降る雪はどこか肌寒い夜の散る桜を連想させます。
あわせて熊野、雪、桜/鈴木理策も。

Cherryblossoms/大森克己 Amazon.co.jp
大森克己 official website
[PR]
by mizuki_n0314 | 2008-02-03 22:45 | book


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
DEAN & DELUC..
from 殿のBlog
謹賀新年 今年もよろしく..
from 表参道 high&low
家飯 海南鶏飯
from 表参道 high&low
お花見 代々木公園
from 表参道 high&low
検索
その他のジャンル
最新の記事
画像一覧