it's ALL right


so goodな毎日のつづき
by mizuki_n0314
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:movie( 20 )

永遠の僕たち

d0150688_22255431.jpg久しぶりに2度も映画館で観てしまいました。
私の最も敬愛する映画監督のガス・ヴァン・サントの最新作「永遠の僕たち」
両親を事故で亡くし、自身も臨死体験をした少年イーノック、葬式巡りを日課とする彼の前に現れた余命3ヶ月の少女アナベルの物語。
そこに、イーノックにしか見えない死の世界から来た日本人特攻兵ヒロシも加わった3人の日々が綴られていく。
そして、訪れた別れの時。

何気なく、でも詩的な会話を紡ぐことで、また、みずみずしい少年少女2人のキラキラした瞳、その瞳にさす憂いを描く事でストーリーは進んで行きます。
今までたくさん映画を観てきてすごく思うのですが、少年少女の頃のほんのわずかな時期にしか見られないきらめきってあると思います。(「誰も知らない」の時の柳楽優弥くんとかまさに)
希望に満ちていて、でも不安もあって、やみくもに何かを信じていて、でも世界にちょっと背を向けていて、愛されたくて、でも臆病で、それでも命がきらめいている、それがストレートに表情に佇まいに出ている、そんな瞬間。
ガス・ヴァン・サントはそんな瞬間を撮らせたら右に出る者はいないのではないかと思っています。
そして、私は少年少女のそんな瞬間がとても愛しく大好きです。
この映画では全編に渡ってそんな瞬間の連続で、主演の2人の表情に釘付けになってしまいます。

それにしてもガス・ヴァン・サントはその役にぴったりな少年を見つけてくるのが本当に上手いし、その力を引き出すのも上手いですね。
ラストデイズ、ジェリー、パラノイドパーク、エレファント、そして永遠の僕たちのヘンリー・ホッパー。
デニス・ホッパーの息子さんらしいのですが、キリッと前を見据えていながらもどこか孤独な雰囲気が素敵な俳優さんです。

そして、この映画、ラストシーンがじんわり泣けます。
劇中で加瀬亮が恋人にしたためた手紙を朗読するシーンがあるのですが、これ、英語の文章を加瀬亮が日本語訳したそうですね。
美しい言葉選びで、この映画を何層も深みのあるものにしていると思います。
また、最後の最後に見せるヘンリー・ホッパーの表情に二度泣きです。

ファッションも、音楽も、言葉も、俳優さんも文句なしのこの映画、機会があればぜひ。
時間があれば繰り返し繰り返し観たいです。

永遠の僕たち オフィシャルサイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2012-01-28 22:45 | movie

マザーウォーター

d0150688_1253111.jpg
私の大好きな映画たち、「かもめ食堂」「めがね」「プール」と同じスタッフ&キャストのプロジェクト最新作が「マザーウォーター」。
公開早々行ってきました。

舞台は京都のちょっとなつかしい街なみに暮らす人々。
ウイスキーしか出さないバーのセツコ(小林聡美)、コーヒー屋のタカコ(小泉今日子)、豆腐屋のハツミ(市川実日子)。彼女たちが、中古家具店のヤマノハ(加瀬亮)や銭湯で働くオトメ(光石研)やジン(永山絢斗)、赤ちゃんのポプラとゆるりと気持ちのいい距離でご近所同士で関わりを持って暮らしていく、その暮らしぶりを淡々と追った映画です。
ウイスキーを注いだグラスの氷を何度もくるくる回したり、丁寧にゆったりコーヒーを淹れたり、水の中から豆腐をすくいだしたり…何気ないけどしなやかで美しいそれらの所作がとても印象に残りました。
ああ、ゆとりをもって日ごろの所作から丁寧にしていくと(例えば扉をバタンと閉めないとか、ご飯を早食いしないとか)豊かな時間が流れるんだろうなーと思いました。
あと、ところどころに哲学的とも思える会話が挟まれていて、トータルして、自分の哲学を持って自分らしく、マイペースで生きていくと気持ちいいよ、それでいいじゃないですか、というふうに私は受け取り、癒されました。
全くといっていいほど展開らしい展開や物語らしい物語はないのですが、それはそれで「感じる映画」として捉えられたのでよかったです。
ただ、もうこのシリーズ4作目で、ちょっと新たな展開とかストーリー性があったりしてもよかったんじゃないかなーとは思いました。
いい意味で予想からちょっとはみ出る部分も欲しかったな、というのが贅沢な感想です。

そうそう、「明日へは、ダイジなことだけもってゆく。」というキャッチコピー個人的にすごくツボでした。

マザーウォーター 公式サイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-11-01 01:25 | movie

是枝監督の最新作「奇跡」

先日ネットニュースで「まえだまえだが是枝裕和最新作に主演!」とあってびっくりした。

小学生の兄弟お笑いコンビ「まえだまえだ」(前田航基&旺志郎)の2人が是枝裕和監督の最新作「奇跡」に主演することが決定したとのこと。かつて柳楽優弥くんにカンヌ国際映画祭の最優秀男優賞をもたらした「誰も知らない」の是枝監督だからこその、脚本を俳優に渡さない、もしくは口頭で当日セリフを伝えるなどといったやり方で、素人の少年の一瞬の輝きや成長、葛藤をドキュメンタリータッチで撮っていくその手腕が大いに発揮されるのではないでしょうか。
でも一方で、既に無邪気で面白いイメージのついてしまっているまえだまえだをどう扱うのかが気になります。

まえだまえだの2人が演じるのは、両親の離婚により、離れて暮らす兄弟。兄の航一(航基くん)は母と祖父母と鹿児島で暮らし、弟の龍之介(旺志郎くん)は父親と福岡で暮らしているが、2人は何とか昔のように、家族4人で仲良く暮らせないかと頭を悩ませている。まもなく開業する九州新幹線について、開業の日に博多から南下する「つばめ」と鹿児島から北上する「さくら」の一番列車が行き交う瞬間に奇跡が起こる、といううわさを聞きつけた2人は、ある壮大で無謀な計画を立て、周囲の人間をも巻き込んでいく――。

といったストーリーらしいです。
(CinemaCafe.netより引用)
共演は、大塚寧々、オダギリジョー、夏川結衣、阿部寛、長澤まさみ、原田芳雄、樹木希林、橋爪功と多彩で演技派ばかり。

公開は2011年初夏、全国にて公開です。
ちょっと先ですが、楽しみですねー。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-09-20 02:40 | movie

悪人

d0150688_189890.jpg
深津絵里さんの受賞でも話題の映画「悪人」を早速観てきました。
私は原作も読んでいるのですが、それでも感動する素敵な映画でした。

主演の2人はもちろん、脇を固める役者さんも皆さん適役で演技も人間らしくて胸に迫るものがありました。
妻夫木くんはいつもの爽やかな好青年の印象はなりを潜めて、素朴でもろくて屈折した祐一という殺人を犯してしまう男の難しい役どころをしっかりこなしていました。
目はおどおどして不安げで、震える唇は寂しげで、その表情は切なかったです。
こういう役もできるんだなーと思いました。
また、祐一のおばあちゃん役の樹木希林さん、殺されてしまうOLの父親役の柄本明さんはやっぱりその顔の皺や声のトーンで人間の凄みや深みを表現されていました。
そして、意外と一番のハマリ役ではと思ったのが、ボンボン大学生役の岡田将生。
何にも重きをおかない軽ーい役がお似合いでした。(ピュアな役とかもできるのにね)
一瞬しか出てこない配役に松尾スズキとか余貴美子とか演技派が揃っているのもよかったです。

小説のほうがボリュームがあって長い分、たくさんの描写を薄く重ねて重ねて登場人物がより多面的に描かれているように思いますが、2時間ちょっとの時間の中に収めようと思ったらそれは仕方ないのかなと思います。
若干登場人物に良い人、悪い人の別がついてしまったような感じは否めませんでした。
(特に、殺されるOLさんや、深津絵里さん演じる光代に関してはそう感じました。)

でも、全体を通して、悪人とは人の善悪とは何か、大切な人を持つということはどういうことか、というメッセージが投げかけられていてそれがきちんと印象的に届いてきました。
それだけで、もう十分素晴らしい映画だったなと原作ファンとしては嬉しくなりました。

薄曇りや雨、夜のシーンが多い中、最後に2人で見た溢れるほどの光が物語を象徴しているようで、映画っていいなー、としみじみ思い希望をもらった大満足の作品でした。

悪人 公式サイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-09-12 18:09 | movie

おと・な・り

d0150688_181675.jpg
正直あんまり期待していなかったもののなかなか味わい深かった映画「おと・な・り」。
友人である人気モデルの撮影に忙しい日々を送りながらも、風景写真を撮りたいという思いを抱えるカメラマンの聡と、フラワーデザイナーを目指して花屋のバイトをしながら、フランス留学を控えた七緒。同じアパートの隣同士に暮らす、30歳、恋人なしの二人は、顔を合わせたことは一度もない。玄関を開ける音、口ずさむ「風をあつめて」のメロディー、フランス語の練習、コーヒー豆を挽く音、鍵のジャラジャラした音など、いつしか互いの生活音に癒しを感じるようになる。

ちょっと褪せた感じの色合いの映像と効果的に強調されたいろんな音がとても心地良い映画でした。
インタビューで主演の岡田准一と麻生久美子が、「おと・な・り」は、お隣同士という意味と、音が鳴るという意味、大人になるという意味があると言っていたのを覚えています。
その言葉通り、いろいろな生活音にのせてお隣に住む2人はもう一つ大人になっていきます。
夢とか恋とか心からやりたいこととかちょっと気恥ずかしくなってしまう歳の2人だけど、若者らしくちょっとつまずき、一歩大きくなって物語が進むところにあたたかさを感じます。
話自体はメルヘンチックでけっこう先が読めるので、途中かなりじれったい感じはしますが、のんびりほっこり、ああー音って恋って希望っていいなーと思って観るのがおススメです。
あと、エンドロールがとっても素敵なので必見(必聴?)です。

私も以前住んでいたアパートは壁が薄くてお隣の音がよく聞こえたのですが、朝は決まって独身おじさんの痰のからまった咳だったので全くロマンスには発展しませんでした(笑)。

おと・な・り 公式サイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-07-23 18:05 | movie

ホノカアボーイ

d0150688_23465135.jpg
ゆったりゆるり、でも本当によくできた映画。
ホノカアボーイを観ました。
この映画は原作者の吉田玲雄さんの実話を基にした、日系移民が集まるハワイの田舎町を舞台にした映画です。
おしゃべりして、食べて、歩いて…そんな毎日の繰り返しの中で、そこに住む個性あふれる人たちはキラキラと輝きます。

スタッフがとても豪華で、料理のディレクションが高山なおみ、音楽が桑原茂一、青柳拓次、阿部海太郎、監督が「いぬのえいが」などの映画も手掛けるCMクリエイターの真田敦。
素材を活かした素朴で豊かな料理(マラサダとロールキャベツが特に美味しそう!)と、シンプルな音楽、丁寧に丁寧に1コマずつを切り取った演出、それぞれが持ち味を存分に発揮していい仕事をしていらっしゃいます。
ともすれば、冗長なただのおしゃれ映画になりそうなところを、しっかり心を動かし、癒してくれます。

キャストとしては、岡田将生(「ハルフウェイ」「重力ピエロ」などでも光っていますね)の瑞々しい存在感と、倍賞千恵子の可愛らしさが際立っています。
「年をとったからってやっちゃいけないことなんか、ないんだぜ」の台詞が印象的ないつも外でエロ本を読んでいる喜味こいしおじいちゃんもいいですね。

もうすぐ夏、というこの季節にのんびり観るのがおススメの映画です。

ホノカアボーイ 公式サイト
(キャストの中のキャラクター紹介を是非ご覧ください。きっとホノカアの人たちのとりこになってしまいます☆)
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-07-13 23:47 | movie

空気人形

d0150688_1041157.jpg
作られる作品すべてが私のツボの映画監督、是枝裕和監督の作品。
劇場で見逃したのでDVDで観ました。

古びたアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形ののぞみは、ある朝、持ってはいけない「心」を持ってしまう。それからというもの、彼女は秀雄が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街へと歩き出す。そして出会ったのがビデオショップ店員の純一。彼女は純一にいつしか恋心を抱くようになり、自分が代用品の空気人形であるということ、「心」を持ってしまったことに揺れ動きはじめる。
といったストーリー。

とってもファンタジーな香りのする設定なので、観る前はどうかなーと思っていたのですが、やっぱり是枝監督、大満足の作品でした。
空気人形ののぞみを通して人間のこころの小さなきらめきやビターな想いがさらっと、でも印象的に表現されていました。
脚本がとてもよく、突飛な物語なのに、とても自然な台詞たちで、大げさでなく、どこか切なくあたたかいものでした。
ああ、いいなーと思う台詞がたくさんあって映画を観た後にも心にいい意味でのひっかかりが残ります。
特に、のぞみが公園で出会ったご老人から教えてもらった詩が素敵だったので以下にご紹介します。

---
命は、自分自身だけでは完結できないように作られているらしい。
花もめしべとおしべでは不十分で
あぶや風が仲立ちをする。
命はその中に欠如を抱き、それを他者から満たしてもらうのだ。
世界はたぶん他者の総和。
だけど、欠如を満たすもの同士とは知りもせず知らされもせず
無関心でいられる間柄。
時に疎ましく思うことさえも許される間柄。
そのようにゆるやかに世界が合成されているのはなぜ?
花が咲いているすぐ近くまで
あぶの形をした他者が、光をまとって飛んできている。
私もある時、だれかのあぶだっただろう。
あなたもある時、私のための風だったかもしれない。
---
追記:これは吉野弘さんの「生命は」という詩でした。

最後は一人で終わりを迎えるのぞみだけれど、
「心」を持ち、たくさんの人たちと出会い、その誕生はなければよかったものなんかじゃなく、
人に囲まれて生活し、ささやかだけど誰かの生きる助けにもなった。
そんなところにつながっていく詩だと思いました。
本当に深いです。

あー、過去の是枝監督作品「幻の光」「誰も知らない」を観なおしたくなってきました。

空気人形 公式サイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-07-06 10:41 | movie

告白

d0150688_0364181.jpg
話題の映画「告白」を観てきました。
原作本を読んでいた私からすると、すっごく効果的に映像化できててすごいなーという印象。
スローモーションシーンの多用、滴り落ちる血、泥水のしぶき、暗雲立ちこめる空、レディオヘッドの重苦しい音楽、から騒ぎの生徒たち、それらが絶妙に組み合わさって、ストーリーを知っていても全く飽きさせない出来上がりでした。
何よりラストシーンの松たかこの笑い方、やるせなさと憎しみの混ざったあの笑いが一番印象的でした。
本当に上手な女優さんです。
でも、原作を読まずにいったらもっと謎解きを楽しめてインパクトが大きかったかな。
一緒に行ったオレさまは原作を読んでいなかったので、その展開もとても凄いなーと感動したと言っていました。

湊かなえさん、私的にど真ん中の作家さんじゃないっぽいけれど、デビュー作でこれだけセンセーショナルな作品を書かれているので、新作の「夜行観覧車」も何か気になります。
今、今度妻夫木聡・深津絵里出演で映画化される吉田修一の小説「悪人」を読もうと思っているので、それが読み終わったら検討してみます。

告白 公式サイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-06-27 00:53 | movie

eatrip上映会&羊毛とおはなライブ@池上本門寺

d0150688_2142324.jpg先週末、映画「eatrip」の上映と羊毛とおはなのライブを一緒にやる、しかもお寺で、という素敵なイベントに行ってきました。

eatripは観たい観たいと思っていて先延ばしになってしまっていた映画、羊毛とおはなはそのほっこり感が大好きなアーティスト、ということで私にとっては夢のコラボレーション。(しかも前売り2500円とお得!)
友達を誘って春の池上本門寺へ。

映画「eatrip」は“人と食を巡る、映画のかたちをした、ごはん”と題されていて、食と人が生きることの繋がりをテーマにしたドキュメンタリー。
ダンサー、築地の鮮魚仲買人、ミュージシャン(UA)、俳優(浅野忠信)、主婦、僧侶など様々な立場の人のそれぞれの食にまつわる思い出や考え、食に向き合う姿勢を映しだしていきます。
それは、とっても個人的な思いに溢れたもの。
だからこそ魅力的。
皆さんの話や姿を通して浮かび上がってくるものは、食べることは生きること、命をいただくこと、とっても豊かで、どこか母性を感じる営み。
私が観た後感じたのは、私は食べることによって育ったんだなという実感、そして私の料理、私が関わった食べることがいつか誰かの(子供や旦那さんかな)健康な命を作っていくことができればいいな、ということ。
そして、ああ、自然からいただいたものをシンプルに美味しくいただく料理テクニックを身につけたいな、という希望でした。

そうそう、印象的だった料理は、ラディッシュの薄切りの上に何だか分からないけど青魚をおろしたものを並べて、その上からイチゴの煮たのをどさっと乗せたもの。
美味しいのかな…?

一方、羊毛とおはなのライブはボーカルの千葉はなさんのどこまでも伸びるあったかい声が本当に心地よかったです。
歌っていいなー、としみじみ。
あんまりメジャーじゃないけど、NTT docomoやENEOSのCMに使われているのでその声に聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。

そして帰りにはお土産も。
映画の中にも出てくる、瀬戸内は豊島産の無農薬レモン。
皮がとっても美味しいということなので、私はジャムにしていただくことにしました。

春のぽかぽか陽気も相まってとっても心が穏やかになる一日でした。
d0150688_2142267.jpg
境内へと延びる石段。休日の昼ということもあって参拝の人たちもけっこういました。
d0150688_21423644.jpg
石段で昼寝中の猫。超接近してもこののんびり顔。
d0150688_21424923.jpg
お猿さんの芸もやっていました。15歳、人間でいうと50歳のおじさん。頑張ってます。
d0150688_2143268.jpg
お土産のレモン。ぶこつな感じが自然でいいですね。
d0150688_21431673.jpg
ジャムが一瓶できました。皮がしっかりした味で美味しいです。ヨーグルトに入れて食べようっと。

eatrip オフィシャルサイト(国内外をまわって上映会をやっています)
羊毛とおはな オフィシャルサイト(曲が流れます)
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-04-26 21:43 | movie

BUNGO-日本文学シネマ-

d0150688_22363296.jpg
ヤフーニュースにも載ってましたが、面白そうな深夜ドラマがスタートします。
その名も「BUNGO-日本文学シネマ-」。
太宰治や芥川龍之介、梶井基次郎といった文豪の私小説的な作品が多彩な若手キャストでドラマ化されます(6本で1シリーズ、2月15~17日、22~24日の深夜にTBS系で放送)。
さらにドラマからの発展形で上映会とか映画化も視野に入れたプロジェクトのこと。
もともとは、若者を日本文学に引きつけるきっかけになればとのことで発足されたプロジェクトらしいです。
ドラマをきっかけに原作も読んでくれたら、なんて感じなんでしょうかね。
2009年は生誕100年で太宰治作品は立て続けに映画化されていましたが、(「ヴィヨンの妻」「斜陽」「パンドラの匣」「人間失格」)他の作家のが観られるのはとっても興味深いです。

今回厳選されて映像化されるのは以下の6作品です。
「黄金風景」(太宰治原作、向井理、優香主演)
「魔術」(芥川龍之介原作、塚本高史主演、熊切和嘉監督 )
「檸檬(れもん)」(梶井基次郎原作、佐藤隆太主演)
「富美子の足」(谷崎潤一郎原作、加藤ローサ主演)
「高瀬舟」(森鴎外原作、成宮寛貴主演)
「グッド・バイ」(太宰治原作、山崎まさよし、水川あさみ主演、篠原哲雄監督)

どれもそれぞれよさそうですが、個人的に楽しみなのは、「高瀬舟」を成宮寛貴さんがどう演じきるかと、山崎まさよしさん×水川あさみさんという意外なコンビの「グッド・バイ」、こちらは篠原哲雄監督の映像美にも期待です。
あとは「富美子の足」を演じる加藤ローサさん。けっこう和服も似合って可愛らしい中にもしっとり色香のある役もできるようになってきた女優さんなので楽しみです。
そして、もっとも気になるのは「檸檬」。
梶井基次郎は大好きな作家の1人で作品も全部読んでいるほどなのですが、ずっと肺結核を患いながら苦しい心身を抱えて作家として活動していた彼を、元気はつらつ!爽やかさならオレ!みたいな佐藤隆太さんがどう体現するのか非常に興味があります。

平日深夜枠、とリアルタイムでは観づらいドラマですが、大注目です。
(さすがに私は録画でみます…笑)
で、このプロジェクトの意図通り、ドラマを観た後はドラマで初めて知った作品もすでに読んでいた作品も原作を読みましょう!ですね。

※写真は「黄金風景」のワンシーン。

BUNGO-日本文学シネマ- ウェブサイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-02-13 22:29 | movie


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
DEAN & DELUC..
from 殿のBlog
謹賀新年 今年もよろしく..
from 表参道 high&low
家飯 海南鶏飯
from 表参道 high&low
お花見 代々木公園
from 表参道 high&low
検索
その他のジャンル
最新の記事
画像一覧