it's ALL right


so goodな毎日のつづき
by mizuki_n0314
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:others( 10 )

ほんわか



ちょっとおどろき動画。
そしてくだらなく、しかしいやされる。
いや、くだらないからいやされる。
どうぞ!
[PR]
by mizuki_n0314 | 2014-07-03 20:33 | others

HONDA「負けるもんか」CM



このCMカッコいいですね。
シンプルな構成の中に心意気を感じます。
ホンダの決意表明であると同時に新社会人や震災後の日本にエールを送っているようでもあり、今このCMを放送することに意味があるような気がします。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2012-04-05 20:54 | others

彼女のお父さん



先の大和ハウスのCMを検索していて見つけたCM。
サントリーオールドのCM。
そういえば、すごく好きでした。
伊藤歩さん扮する娘とその彼氏加瀬亮さんがお父さん(國村準さん)に挨拶に行く。
「お嬢さんと結婚…」と言う彼氏の言葉を遮って席を立ったお父さんは台所で棚からウイスキーグラスを出す。
そこで一言「残念だな。嫌な奴だったら一発殴れたのにな」
不器用だけど愛情にあふれたお父さんの人柄がぐっと胸に迫ります。

私の父は7年前に亡くなりました。
このCMに出てくるお父さんそっくりのぶっきらぼうだけど子供と母を深い愛情で包んでくれていた父でした。
そして私は、結婚の挨拶に実家に彼氏が来て、強面の父にビビリつつ「結婚させてください」と言い、父がふて腐れつつ「よろしく」と言うその瞬間を、結婚式で父と手を組んでバージンロードを歩き、海外に行った事のない母と自営業で忙しい父と娘3人と旦那さんの家族とで海外旅行をするのがひそかな夢でした。
今となってはどれも叶わないのですが、式ごととか形式的なことがあまり好きでなかったり、出不精で実家のダイニングのテレビの前にずっと座って黙っていた父も、これは喜んでくれるのではないかなと思っていました。

そうそう、父が亡くなる直前、夜中に電話で交わした会話で忘れられないものがあります。
父は肝硬変で倒れて1週間で亡くなったのですが、人は自分の最期が近いことをどこかで感じるのか、亡くなる少し前から夜中に用もないのに私に電話してくることが多くなりました。
その中の1本の電話。
ご飯はちゃんと食べてるかどうかの話になった時。
私は「ちゃんとご飯食べてるよ。それに私料理上手になったんだよ。今度実家に帰った時に作ってあげるよ。たぶんお母さんより上手だよ。」と言いました。
そこでちょっと考えた父は「そうか。料理が上手になったか。でも、お父さんはみーちゃんのご飯のほうが美味しいとは言えないな。お母さんは今までずっとお父さんのご飯を作ってきてくれているし、例えみーちゃんのほうが上手でもお母さんのご飯のほうが美味しいって言うな。」と言いました。
私は「そっか。そりゃそうだよね。」と言って何気なく流したのですが、父を思い返す時、必ずこの会話が頭の中を横切ります。
愛想が悪くて、口も悪くて、あまのじゃくな父でしたが、父は誰よりも母に感謝し、母を頼り、母を大事にしていたんだな、と。

冬の寒い夜、ボロい世田谷のアパートで電話越しに聞いた父の声を思い出します。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2012-01-28 20:46 | others

大和ハウスのCM



もう放送していないのですが、大和ハウスのCMがすごく好きです。
映画「ぐるりのこと」でも感じましたが、リリーさん演じる旦那さんの深い深い懐が素敵です。
エッセイや小説でも感じるけれど、自分が大事だと思う価値観を守り抜き、人に優しく、様々なものを受け入れているからこそ出てくるこの空気、歳を重ねた大人の男の哀愁と愛情を感じ、こんな大人がいるなら大人も悪くないなと思わせてくれます。
きっと深津絵里さん演じる奥さんが強気で言いたい放題言えるのもこの優しさに包まれて安心しているからこそなのではと想像してしまいます。
人を愛することって、一緒に生活していくことって、無条件にすべてをとりあえず受け入れ、何気ない毎日をただただ続けて行くことなのかな、と思います。

ちょっと話は逸れるけど、昔本木雅弘さんが結婚して家事について話をしていたインタビューで、「家庭の家事はすごく神聖なものだ。それは毎日同じことの繰り返しで、その中にこそ洗練があり、人はそのようなものの中でこそ人としての修行ができる」みたいなことを言っていたのが印象的でした。
でも、これって夫婦や家族についても言えるんじゃないかなと思います。
夫婦になったり、家族になったり、同棲でもいいのかな、とにかく生活をともにするということはいつしか同じ毎日の繰り返しになります。
相手に新鮮さもなくなり、いやなところが目に付き、こうじゃなければなもあると思います。
でも、そんな毎日を雑に生きたりせずに、そこにはまだまだ奥の深い世界があり、自分の知らない相手がいると思い、一緒に一歩一歩歩みを進めていくこと、何気ない毎日をかけがえのない一日と思って過ごすこと、そんなことが大事なんだろうなと思います。

そうそう、このCMの最後、「そのかわり、俺より長生きしろよ」の台詞と、「おかえり!」のボディアタックに涙が出そうです。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2012-01-28 20:30 | others

おススメ壁紙

最近気に入っている壁紙ダウンロードサイトをご紹介。
暮らしの手帖社の通販サイト「グリーンショップ」と無印良品サイト内の「MUJI meets IDEE 」です。

d0150688_27161.jpg「グリーンショップ」では、右のような毎月のカレンダーがついたちょっとレトロな壁紙がダウンロードできます。暮らしの手帖のバックナンバーの中から挿絵や写真を選んでいるようです。PC立ち上げるとほっこり絵柄。カラーも季節を反映していていいですね。11月は今季の流行色、キャメルです。

d0150688_2123912.jpg一方、「MUJI meets IDEE 」ですが、これは2人暮らしの夫婦をターゲットにした、無印とIDEEの家具をミックスしたインテリアを提案しているプロジェクトです。で、そこで紹介されている夫婦のお部屋を爽やかな写真に収めたものが、11月19日までの期間限定で壁紙としてダウンロードできるようになっています。(写真右2点)我が家も一応MUJI meets IDEE(プラスmeets CIBONE meets通販)なのですが、最後のmeets通販がいけないのか、IDEEが少ないからいけないのか、ここにご紹介されているお部屋にはなかなかならないですねー。こつこつがんばらねば。それもまた楽しみなんですけどね。
d0150688_2125668.jpg
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-11-10 02:08 | others

気になるホームページサービス・petit

d0150688_227341.jpgホームページサービスのpetit。
写真が大きく載せられたり、写真にフレームをつけてポラロイドっぽくできたりと、写真好きには嬉しいサービスと、ほっこりあたたかみのある壁紙と書体で、多くのアマチュアカメラマンに愛用されています。
初期費用1,050円と525円/月の利用料がかかるのが無料のブログサービスとはちょっと異なるところですが、プチメイトといってユーザー同士の交流もあるのが素敵なところ。
プチメイトの写真はとっても上手な写真ばかりですごいなーと感心しつつ、私も撮りたいとまたまた写真撮る熱が湧いてくるのです。
私が好きでよく見ていて本も持っている、ある家族の日々を撮影した「ダカフェ日記」がこのpetitで作られています。(すっごくユーモアがあって癒されるのでぜひ見てみて下さい。)

ブログに載せる用の写真じゃなくて、作品としてまた写真を撮り始めたら利用してみようかと思っています。

petit ウェブサイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-06-12 02:38 | others

猫も夢中のiPad

話題のiPad、猫も使えるようです。
肉球でタッチ、動きと音に反応してタッチ。
可愛すぎます。
欲しいなーiPad。



iPad Apple
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-05-28 20:43 | others

仁王立ちの猫

You Tubeで見つけたトキメキ映像。
何とも勇ましい猫の仁王立ちです。
猫って後ろ足だけで自立できるんですねー。
猫背なんてとんでもない。シャキッと背筋伸びてます(笑)。
ときどき前足でバランス取ってるのが超キュート☆
猫好きにはたまりません。


[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-04-12 18:05 | others

Where the Hell is Matt?



昨日、TV「誰も知らない泣ける歌」で紹介されていました。
そこには何ともへんてこなダンスを踊る1人の男。
でもでも、とにかくじんわり胸に迫るものがあります。
まずぜひ一度見てみてください。

彼は元ゲームクリエイター。
ところが30代のある日、
自分の人生には何かが足りない、と貧乏旅行に出かけます。
その旅で撮ったのがこのビデオです。

詳しくはこちらにあるので、ビデオを観たあと、チェックしてみて下さい。

笑顔で踊ること、つながること、ひと匙のユーモア、それはいつでもどこでも
私たちを明るく照らしてくれるのかもしれませんね。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2009-05-27 22:00 | others

言葉に出来ない

言葉に出来ない Youtube

Youtubeが貼れるってことが嬉しくて、私のお気に入りから1つ。
何度見ても笑えます。
お~い、おじいちゃ~ん。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2008-08-24 09:46 | others


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
DEAN & DELUC..
from 殿のBlog
謹賀新年 今年もよろしく..
from 表参道 high&low
家飯 海南鶏飯
from 表参道 high&low
お花見 代々木公園
from 表参道 high&low
検索
その他のジャンル
最新の記事
画像一覧