it's ALL right


so goodな毎日のつづき
by mizuki_n0314
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:photo( 26 )

photo025:guzuri recording house@入間ジョンソンタウン

d0150688_153569.jpg

d0150688_151560.jpg

d0150688_161980.jpg

d0150688_16666.jpg

d0150688_161775.jpg

d0150688_163858.jpg

d0150688_110583.jpg

d0150688_111655.jpg

d0150688_1111879.jpg
シンガーソングライター笹倉慎介さんのレコーディングスタジオ兼カフェ兼たぶん自宅。
入間のジョンソンタウンという米軍ハウスが立ち並ぶ小さな区画の大きな公園に面したところにあります。
ほっこりのんびりとはまさにこのこと。
とっても穏やかで上品で優しい空気に溢れています。
guzuri recording house では笹倉さんはじめいろんなアーティストさんのレコーディングが行われたり、カフェとしてコーヒーやランチもいただけたり、月に1回くらいのペースで笹倉さんのライブもやっています。
NHK Eテレの「2355」の曲を歌っていたり、本当に声もメロディも音選びも美しくてふくよかで、きっと欲をかけばもっとメジャーな感じでぐいぐいいけるのでしょうが、自分の大事だと思うやり方や音楽や生活を大事にして活動しているのがとても心地よいです。
笹倉さん、一瞬でとりこになるような甘くて優しい声と、ぼそぼそしゃべるちょっとすっとぼけたMC、時折見せるただの音楽好き少年のようなゴリっとしたところがなかなかよいのです。

悲しみや苦しみを描くのは割と簡単、ただエソラゴトの前向きなことを描くのはもっと簡単ですが、一点のくもりもなく美しいこと愛でることだけしか歌わないで、でも浅くなく魅力的で幸せな気分になれるのが、実はすごーく珍しいと思います。
何も語らない笹倉さんですが、きっととっても芯の強い方だと思うのです。

ぜひ一度guzuri のライブに行ってみてください。
それはそれは幸せな休日のひとときが過ごせますよ。
タイミングが合えばジョンソンタウンの朝市もやっています。

早起きして空いた電車に揺られて駅からのこれまた空いた道をてくてく歩き、公園を横目に朝市でドライフラワーを300円とかで買って、びっくりするくらい美味しいランチとコーヒーをいただいて、ライブをうとうとしながら聴いて、自家製のレモネードをいただいて、帰りに街のお店をぷらぷら、米粉のパンやドライフラワーを入れるアンティークのかごなんかを買って、またうとうとしながら空いた電車で夕暮れ前に帰る。
ね、いい休日でしょ。



笹倉慎介/guzuri recording house ウェブサイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2014-08-25 00:57 | photo

photo024:夜行列車の朝その2

d0150688_2233179.jpg
昨日につぎ、ベトナム夜行列車の朝。
電車萌え的にもう1枚。
これは現地の人たちが乗る一番安い車両。
でも逆にこのぎしぎしいいそうなところや薄い木の扉がいいです。
いつかまた鉄道に乗る旅、してみたいものです。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2014-08-15 02:26 | photo

photo023:夜行列車の朝

d0150688_24796.jpg
3月末にベトナムに10日間のバックパック旅行に行ってきました。
目的地は山間の街サパ。
ハノイから夜行列車で12時間です。
こんな感じの三段ベッドで私たち以外はみんな現地の人たちでのんびりした速度の電車に揺られ到着した朝の写真。
10日間も行ったからいろんなことがあったのだけど、私はこの固くて狭いベッドに横になってほんのりした村の灯りを窓から眺めながら電車のガタゴト音を聴いている夜がとても幸せでした。
意外に電車萌えなのです。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2014-08-12 02:52 | photo

photo022:けいたとけいたろう

d0150688_23212747.jpg
今夜は近所の花火大会。
大学サークルの仲間15人で飲みました。
写真はけいた(36さい)とけいたろう(6さい)。
けいたはけいたろうのパパのお友だちです。
けいたろうはねこ(けいたろうのパパのお友だち)に電気あんまをされてげぼした元気な男の子です。
花火もゆったりしていてきれいだったし、ごはんも美味しくできてみんな喜んで食べてくれたので、今夜はぐっすり眠れそうです。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2014-08-02 23:22 | photo

photo021:私がいた

d0150688_244101.jpg
珍しく自分が写っている写真を発見。
コンパクトデジカメを持つ小指が立っているのがポイントです(笑)。
ギャラリートラックスにて。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-08-17 02:44 | photo

photo020:祈りに似ている-2

d0150688_1472944.jpg
d0150688_1472146.jpg
d0150688_1471318.jpg
d0150688_147443.jpg
d0150688_1465615.jpg
d0150688_1464666.jpg
d0150688_146374.jpg
d0150688_1462976.jpg
祈りシリーズその2。
こちらは日常のふっとした瞬間、私の生活に密着した祈り、スナップ感覚の祈り、だったような気がします(引き続きうろ覚え)。
何かよく説明できないけど、どちらかというと、今の気分はこっちですかね。
これも20歳の時のものです。

あ、お釜にほこりがだいぶかぶっているのはうちじゃないですよー(笑)。
当時お付き合いしていた掃除を全くしない彼氏の家のキッチンです。
でも、意外と好きな写真。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-07-16 01:05 | photo

photo019:祈りに似ている-1

d0150688_13523916.jpg
d0150688_13523151.jpg
d0150688_1352247.jpg
d0150688_13521649.jpg
d0150688_1352943.jpg
d0150688_1352356.jpg
d0150688_13515636.jpg
d0150688_1351486.jpg
d0150688_13514165.jpg
d0150688_13513461.jpg
大学3年生の時に撮っていたシリーズの一部。
この頃もともと海だったところを人が埋め立てて作った浜辺などにひかれてよく通って撮っていました。
そういう土地を作って人が生きて行こうとすること、そんなへんてこな場所で見るひとつひとつのシーン、どこか感じる寂寥感、息をひそめてシャッターを押しているその感覚がまるで祈りのようでこのタイトルを付けた、ような気がします(もうだいぶ前のものなのでうろ覚え)。
そしてそんなことを軸に当時撮っていたいろんな写真を構成したのがこの10枚だった、ような気がします。

写真の色味は当時の私の好み。
特に加工はしていないのですが、マニュアルの一眼&ポジフィルムで自分の気分のこの色味にしていました。
今の気分ではないので、ちょっと補正してアップしようかと思いましたが、いくらいじっても今の気分にならないので諦めました(笑)。
きっとそこの違いを埋めるのはふさわしくない行為なんでしょうねー。

ということでまんまアップしてみました。
20歳の私、大丈夫か(笑)?
[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-07-16 00:17 | photo

photo018:紫陽花の季節

d0150688_1354491.jpg
青山のニコライ・バーグマンのショップで見つけた紫陽花。
ひとつひとつの花が二重になっているような、あまり見ない種類だったので思わず写真。
そろそろ紫陽花の季節になりますね。
去年鎌倉のあじさい寺(明月院)に行った時は快晴でしたが、今年はぜひしっとりした雨の日に鎌倉の紫陽花めぐりをしたいものです。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-05-16 01:35 | photo

photo017:鎌倉あじさい寺

時間が前後しまくってますが、だいぶ前に鎌倉のあじさい寺(明月院)に行った時の写真です。
これはもう、あじさいしかないでしょう。
大好きな花、色に囲まれてすごくいい時間でしたー。
(あ、北海道写真は大量すぎて整理しきれないので追々アップしますー。夏のうちに…笑。)
d0150688_2591138.jpg

d0150688_2595510.jpg

d0150688_322497.jpg

d0150688_33532.jpg

d0150688_3132940.jpg

d0150688_3191998.jpg

d0150688_320489.jpg

d0150688_3291417.jpg

[PR]
by mizuki_n0314 | 2012-08-04 03:03 | photo

photo016:マークのインスタレーション

d0150688_3384645.jpg
長い文章の記事ばかりも何だと思うので、ストックより1枚。
私のお気に入りの1枚。
6年くらい前に行った八ヶ岳のギャラリートラックスであったマーク・ボズウィック展の模様です。
トラックスはアーティストのたまり場で、山小屋を自由に使ってアーティストが展示をするのが魅力です。
自然豊かで穏やかで素朴で、でもその作品はは世界で勝負できるレベル。
今年も行ったのですが、お休みでしたー(残念)。
この写真を撮った時は桜とつくしの季節だったので、ぜひ今度は雪の季節とかに行ってみたいです。

あ、あとこの写真をFacebookのウォールにしました。
予想外に「いいね!」ってしてくれる友人がたくさんいたことが嬉しかったです。

ギャラリートラックス Web site
[PR]
by mizuki_n0314 | 2012-06-01 03:38 | photo


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
DEAN & DELUC..
from 殿のBlog
謹賀新年 今年もよろしく..
from 表参道 high&low
家飯 海南鶏飯
from 表参道 high&low
お花見 代々木公園
from 表参道 high&low
検索
その他のジャンル
最新の記事
画像一覧