it's ALL right


so goodな毎日のつづき
by mizuki_n0314
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:meshi( 60 )

13日のごはん

13日のごはん(写真撮り忘れた)

・ナンプラー枝豆
ナンプラー、にんにくすりおろし、お酒、たかの爪を入れた汁でゆでる。
固めにゆでて汁にいれたまま冷まして味をしみ込ませる。一晩くらいおいてもよし。
・ひらめのお刺身
みょうがの千切りと塩こんぶを合えたのをのせてオリーブオイルを少しかけて。
この場合はお醤油にはつけないで食べられる。
・するめいかのお刺身
自宅でさばくのが美味しいポイント、残った足などは辛みそ炒めにできる。
・もつ煮込み
もつはよく湯がいて臭みを取る。(お酒少し入れて湯がくとよいかも)
味噌としょうゆで味付け、にんにくすりおろしの香りを立たせるのが食欲そそるポイント。
・さつまいもとアスパラとブロッコリーの煮浸し
今回一押しのメニュー。
だし、お酒、しょうゆ、ひとさじのごま油の煮汁でさつまいもを軽くゆでて、そこに塩ゆでアスパラとブロッコリーを浸して冷蔵庫で冷ます。冷えたら桜えびとおかかを散らしてできあがり。
お野菜は余熱で火が通るので固めにするのがポイント。
・アンチョビと水菜のポテトサラダ
いつものポテサラに一工夫。白ワインビネガーでマリネした玉ねぎ薄切り、じゃがいも、アンチョビ、マヨネーズ、こしょうを混ぜる。最後に水菜を入れてさくっと混ぜてできあがり。白ワインにも合う。
・鶏の手羽先照り焼き
焦げが美味しいのでちょい焦げるくらいにしっかり火を通すのが大事。しょうゆ、はちみつ、みりん、ごまなどで作ったたれに最後からめる。

今回は以上。
大勢人数いる時はこれに締めのめんやデザートをつけてもよしです。
どれも簡単で美味しいわが家の定番です。
詳しいレシピ必要な方はお問い合わせくださいー!
[PR]
by mizuki_n0314 | 2014-07-16 00:37 | meshi

ミレービスケット

d0150688_23545292.jpgビスケットはずっとギンビスのアスパラガスが好きだったのですが、それを上回るおいしさのビスケットに出会いました!
ミレーのビスケットは高知のお菓子メーカーで昭和30年頃から作られている素朴な味のお菓子。
豆の油で揚げているのでほんのり香ばしく、歯ごたえはしっかり、そしてふわっと塩味。

成城石井やKALDIで売っているのでぜひ一度食べてみてください。
究極のシンプルおいしいできっとやみつき。

ミレービスケット 土佐うまいもの100選(通販しています)
[PR]
by mizuki_n0314 | 2013-02-06 23:52 | meshi

HONEY MARKETのはちみつ

d0150688_249266.jpg
有楽町ルミネに入っているHONEY MARKETははちみつ専門店。
いろんな味のはちみつが楽しめます。
私が買ったのは写真右から時計周りにホワイトクローバー、レモン、アーモンド。
ホワイトクローバーはそのままパンにつけても美味しいこっくり味、しっかりした甘さが特徴です。
クリームチーズとかにも合うみたい。
レモンは香りも爽やかですっきりした味なので、ヨーグルトなどにたらしても酸味とけんかせず美味しく食べられそう。
アーモンドはその名の通り香ばしい味わいなので、ミルクティーやコーヒーに。

頂いたはちみつの美味しい食べ方リーフレットには、マヨネーズと混ぜてハニーマスタードに、とかトマトをはちみつで合えてフルーツトマトっぽく、とかはちみつとお酢と果汁とお水でサワードリンクに、など「なるほど!」なレシピがたくさん。

スタッフの方もとても親切で、食べ方を教えてくれたり試食させてくれたりするので、お買い物も楽しいです。
季節ごとにラインナップもどんどん変わるらしいので、お近くにお立寄りの際はぜひ行ってみて下さい。
あ、ちっちゃい瓶でだいたい300円くらいです。

HONEY MARKET 公式サイト
[PR]
by mizuki_n0314 | 2012-08-31 02:49 | meshi

お料理教室 -インド料理-

今日お料理教室なので、もう1ヶ月前のことですが、お料理教室でインド料理を習いました。
暑い国の料理は手早く出来上がるということで、切って混ぜて焼いてが基本ステップの簡単な料理たちでした。
d0150688_7131739.jpg
今回は全部で5品。インド料理だけどカレーがないのが新鮮。
d0150688_775772.jpg
こちら、タンドリーチキンとカチュンバル。
タンドリーチキンは漬け込んでおけば焼くだけでパーティーメニューなどにもぴったりなので便利ですね。ヨーグルトと漬け込むのでお肉が柔らかくし上がります。教室ではコリアンダー、ターメリック、レッドペッパー、ガラムマサラ、パプリカなどの本格的なスパイスをきちんと混ぜて作りましたが(スパイスの香りが立って美味しい!)、手抜きするにはコレ(カレーの壷)がオススメです。アマゾンほかURBAN RESERCH DOORSで売っています。
脇にあるミントチャツネ(ミントとヨーグルト、青唐辛子のちょっとスパイシーなソース)をお好みで付けていただきます。

一方、カチュンバルは紫たまねぎとトマトとししとうのサラダ。
香菜、塩、ライムだけで味付けします。
メキシコ料理のセビーチェみたいな感じです。
d0150688_774344.jpg
お次はサブジです。
野菜の炒め煮で、お水を入れずに野菜の水分で野菜をやわらかく煮ます。
野菜は何でもいいようなのですが、今回はカリフラワー、じゃがいも、オクラ、玉ねぎ、トマト。
ターメリック、レッドペッパー、コリアンダー、ブラックペッパーなどのスパイスで味付けをし、最後にクミンシードの香りの立った油をジュッと回しかけて、ガラムマサラを振ります。
これで、ほくほく野菜のお味が濃厚で、スパイスの香りがふわっと口に広がる美味しい炒め煮ができます。
これはホントどんどん食べられちゃいます。
d0150688_772666.jpg
次は、これは美味しい!ヨーグルトサラダのライタ。今回はきゅうりとコーンを入れました。
トルコ料理でもやりましたが、ヨーグルトににんにくと塩を入れると美味しいサラダ用のソースになります。
ここでは、インド料理なので、最後に香菜をまぶしてレッドペッパーを振ります。
ポイントは切ったきゅうりをそのまま入れるのではなく、塩揉みして水を切っていれるということ。
しんなり味もしみ込み易くなっていいです。
これはすごく簡単なのですぐ再現できますね。
d0150688_783817.jpg
そして、ナッツピラフ。
バスマティライスという香り米を使います。
塩のついていないアーモンドとカシューナッツ、あればレーズンなど入れてもいいそうです。
あ、あとたまねぎのみじん切り。
d0150688_792297.jpg
これが1人分。
d0150688_794593.jpg
最後のデザートは、何と生のメロンから作ったクリームソーダ。
アンデスメロンに砂糖、レモン汁、ソーダです。
意外なことにちまたのメロンソーダは本物の味とけっこう似てるんだなーということ(笑)。

と、毎回のようにステップは簡単でお家でホームパーティーとかする時に役立ちそうなメニューばかりでした。
お土産にスパイスミックスをもらったので、大事に使いたいと思います。
これがなくなったら、輸入食材やさんとかで何種類かミックスされているのに自分で足してオリジナルを作ってもいいと思います。

そして今日は2度目のタイ料理教室です。
何度食べても飽きないクセになるタイ料理、またお勉強してきたいと思いますー。

おいしい週末 ここに参加しています
[PR]
by mizuki_n0314 | 2012-07-20 07:13 | meshi

美味しいって感じること

ここ10日間くらいあちこちの不調があり、今週月曜からは胃腸をこわし、39度を超える熱に3日間見舞われ、主食はポカリスウェット、そして少しのゼリーといった調子で、熱にうなされ、節々の痛みにうーうー言い、悪寒に震えるといった日々でした。
そんな中ちょっとだけ薬が効いて37度台に熱が下がったとき、「しめた!」と思って、おかまに残っていたごはんにレトルトのハヤシライスをかけて食べました。
これが染みたー。
食べ物ってこんないろんな味がして、からだにじんわり染みていくんだなーと実感。
そんなにたくさん食べなかったのに、ゆっくりお茶と一緒に味わってごちそうさま。
食べるってこういうことなのかもな、とレトルトで実感してしまった私でした。
だから、普段から間食をあまりせず、かといっておなかをぺこぺこにさせず、ほどよく食べ物が入って行く環境を作っておいて、ほどよくいただくこと。
また、今回はそうはいかなかったものの、基本的には手をかけて丁寧に季節の食材を使ったものを、偏らずに、でも楽しく好きに自由に食べる、ということですかね。
改めて食について考えさせられる出来事でした。

そうそう、今まで「どうせダイエット本でしょ?」とバカにしていたタニタの本、病院の待ち合い室で読んだらどれも美味しそうで簡単そうなので、思わずレシピ買っちゃいました(笑)。
今更デビューです。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2012-02-04 19:05 | meshi

お料理教室 -トルコ料理-

だいぶ前のことですが、6月のお料理教室はトルコ料理でした。
世界三大料理のひとつですが(他はフランス料理、中華料理)、ケバブ以外はふだんあまり食べないのでいちから勉強する感じでした。
でも、意外と簡単!
切って、混ぜて、焼いてで出来上がり、なのが親しみやすく、自宅でも作ってみようと思いました。

作った料理はこちら。
d0150688_23134650.jpg
右から時計回りにフムス、ヨーグルトルハヴチュサラタス、ハイダーリ、エズメサラタスです。
何のこっちゃと思われるでしょうが(笑)、どれも前菜です。
タコスチップやガーリックトーストに載せて食べたり、ピタパンにケバブと一緒に挟んで食べたりします。
材料はこんな感じ。
フムス…ひよこ豆のペーストです。にんにく、ゴマ、レモン汁、塩、クミンなどで味付け。先生のおススメはSOLLEONE(紙パック)の煮豆。缶のにおいがついていなくて良いとのことです。
ヨーグルトルハヴチュサラタス…にんじんの千切りをヨーグルトであえたもの。ヨーグルトは市販のプレーンヨーグルトを水切りしてすりおろしにんにくと塩を加えます。そうするとチーズみたいな味になるのが不思議。
すごく簡単なのでパーティーの最初の一品にもいいかも。ちなみにサラタスとはサラダのこと。
ハイダーリ…トルコのフェダチーズにプレーンヨーグルトとドライミントを混ぜたもの。フェダチーズはオイルに漬けてあるのはよく見かけますが、今回はそうでないのを使いました。
エズメサラタス…トマトと玉ねぎのサラダ。味付けは青唐辛子、レモン汁、イタリアンパセリ、トマトペースト、ドライミント、オリーブオイル、塩。この料理での収穫はトマトペーストの美味しさに目覚めたことでした。トルコでは味噌みたいな存在でいろいろな料理に使うそうですが、トマトケチャップよりトマトの味をギュッと濃縮したようなペースト。以来はまって、今までトマトケチャップを使っていた料理にペーストを使ってこくアップをしています。最近ハマっているスープカレーもペーストを使ったほうが美味しい。いい調味料を知りました。
d0150688_1165575.jpg
お次はメインのお肉。
左下がシシケバブ、左上がキョフテ。
シシケバブ…今回はラム肉で作りましたが、お家で作るときはビーフでもいいそう。マリネ液(トマトペースト、ヨーグルト、オリーブオイル、にんにく、カイエンペッパー、クミン、塩)に20分ほど漬けて焼くだけ。
スパイスの香りが食欲をそそりますー。
キョフテ…トルコでは定番のミートボール。揚げたりトマトで煮たりしても食べるようです。今回はシンプルにハンバーグ状にして焼きました。ふつうのハンバーグの材料にカイエンペッパーとクミンとイタリアンパセリを足したレシピです。しっかり味がついていて美味しかった!
これをトマトやオニオンスライスと一緒にピタパンに包んで食べます。
ちなみにオニオンスライスの上に掛かっている粉はスマックという植物の実をすりつぶしたもの。ゆかりのような香りです。
d0150688_111553100.jpg
ふかふかのピタパン。やっぱりできあいを買うより自分で粉から作ったほうがふっくらもちもちに仕上がりますね。
d0150688_11182923.jpg
これが一人分。
d0150688_11185946.jpg
そして、デザートはチーズクリームといちじくのワイン煮。これがめちゃめちゃ美味しかったー。ワイン煮は先生が作っておいて下さったのですが、チーズクリームが簡単で美味しい!クリームチーズに低脂肪の生クリーム、グラニュー糖を混ぜたものにはちみつとピスタチオをトッピング。これはこれから私の定番デザートメニューになりそうです。
セミドライのいちじくが手に入ったらワイン煮にもチャレンジしたいです。
d0150688_1122381.jpg
というわけで、これが今回のテーブルコーディネート。紫とか赤とか深い青とかがメイン。
いつも同じ食器も使うのに毎回作る料理に合わせて変わる雰囲気は勉強になります。

今回のトルコ料理、カイエンペッパーやフェダチーズ以外はうちの近所のスーパーでも手に入りそうなので、自分でもおさらいできそうです。
でも、以前習ったメキシコ料理もそうだけど、いろんな材料をちょっとずつ使うから、お友達や家族が来た時など大人数で食べる時のほうが作りがいがありますね。

なぜか夏はお料理教室も夏休みなのですが、次回何を作るのか楽しみです!

おいしい週末 ここに参加しています
[PR]
by mizuki_n0314 | 2011-08-17 23:14 | meshi

居酒屋はまちゃん第2回

さかのぼって更新。
4月末の週末、久しぶりに週末ゆっくり家で過ごしたので晩ご飯は居酒屋はまちゃんにすることにしました。
居酒屋はまちゃんとは、家で何品も作って居酒屋風にオレさまにゆっくり食べてもらうおもてなしの会(て言ってもお客1人だけど)です。
今回はいただきもののワインに合う料理にしました。
洋風なのでリストランテみづきといったところです。

そしてメニューはこちら。
d0150688_2061045.jpg
まず、1品目はほたてとたこのセビーチェです。昨年夏のお料理教室で習ったメキシコ料理、ライムと塩、オリーブオイルでマリネしたほたてとたこ、たっぷりのお野菜が爽やかな一皿。
d0150688_2024586.jpg
次は春野菜とあさりのクリーム合え。本当は菜の花が欲しかったのだけど、もうシーズン過ぎたのかしら、売っていなかったのでアスパラとそら豆で。生クリームとあさりのだしに塩少々で素材の味を美味しくいただきます。
d0150688_10544479.jpg
その次は、じゃがいもの卵入りガレット。細切りのじゃがいもにパルメザンチーズを混ぜてフライパンでカリッともちもちに焼いたもの。まんなかに卵を落として、ケチャップとマスタードをアクセントに。いも類は焼くともちもちになって美味しいですよね。
d0150688_1058134.jpg
メインは牛肉とルッコラのパルメザン風味。塩コショウで焼いた牛肉にバルサミコ酢で作ったソースとスライスしたパルメザンチーズをかけて。ルッコラのゴマのような風味がさっぱりいただけるポイントです。
d0150688_112745.jpg
そしてシメはゴロゴロ野菜のスープカレー。ルーから自分で作りましたがとっても簡単。具材はにんじん、玉ねぎ、キャベツ、じゃがいもに骨付き肉。セロリやオクラを入れたり、お肉をほろほろに煮た豚肉にしたり、以前スープカレー屋さん「」でよく食べたように、納豆を入れたりしてもよさそうですね。今回は基本バージョンでしたが、次回はチャレンジしてみたいと思います。
d0150688_1161970.jpg
今回はデザートもあります。フローズンヨーグルトとシトラスハニーマリネ。本当はオレンジリキュールが欲しかったのだけれど、スーパーになかったので、カンパリで。切ったフルーツをカンパリ、はちみつでしばらく漬けこみ、半冷凍のヨーグルトに乗せて。

オレさまはどれも美味しいと言って食べてくれ、楽しんでくれたみたいでした。特に、クリーム合えがお気に入りのようでした。バゲットも買って、残ったソースも食べればよかったかしら。
いただいたワインも飲みやすく、2人で1本しっかりいただきました。

次回はお友達でも呼んで開催したいです。
[PR]
by mizuki_n0314 | 2011-04-24 20:04 | meshi

キーマカレーとナン

d0150688_2316621.jpg
本日のランチ。
キーマカレーとナンです。
無印のセットを使って作ったのですが、なかなかこれが本格的なお味。
カレーはひき肉と玉ねぎを炒めてスパイスを加えてすぐ出来上がり。
ナンも粉をこねて寝かしてフライパンで軽く焼くだけ。
焼きたてはもっちりふかふか美味しかったです。

無印良品 このセットを使いました
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-11-02 23:21 | meshi

ブルックリンパーラーのハンバーガー

d0150688_1421052.jpg
新宿で一番好きなカフェ、ブルックリンパーラー。
今日オレさまのお買いものおともで新宿に行ったので、ランチをここで食べるのを楽しみに行きました。
つい1週間前に行った時はおなかもあまり空いていなかったので軽くパンケーキをいただきましたが、今日はお店の名物、ハンバーガーをいただきました。
ふっくら香ばしいバンズとトマト、オニオン、レタスのお野菜と、肉の味がガツンとくるジューシーなハンバーグ、それとケチャップ少しという何ともシンプルで直球勝負な一品。
それぞれの味が活きていてボリュームもあって、その辺のソースや濃い味付けでごまかしたようなハンバーガーとは一線を画す美味しさ。
今まで食べたメニューはどれも美味しくて新宿に行く楽しみの1つになりつつあります。
そうそう、ブルックリンパーラーは本屋のセレクトショップが併設されていて、先日行ったときに気に入って購入した本もあるので、後々感想書きますね。
ブルックリンパーラー大好きです。
今度夜ライブがある時とか行ってみたいなー。

d0150688_1422683.gifブルックリンパーラー web site
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-10-24 01:42 | meshi

バースデーディナー

10月15日はオレさまの33回目のお誕生日。
私、1週間前まですっかり忘れていてプレゼントもケーキもマキで用意しましたが、何とか満足してもらえたようでよかったです。
でも、オレさまは当日まで忘れさせておいて慌てる私の姿を見てみたかったなんて言っていました…いじわる…。

で、ディナーはこちら。
d0150688_1161232.jpg
オレさまの誕生日は毎年私が家でご飯を作ってお家ディナーにします。
ゆっくり食べられるし安上がりだし、いいです。
今回はケーキをフルーツタルトにしてみました。見た目もにぎやかでいいですね。
d0150688_1163637.jpg
まず、メインは真鯛とあさりのアクアパッツァ。にんにくとオリーブ、ケイパーをきかせてほくほくの真鯛の味を活かします。魚好きのオレさまが一番お気に召した一品。残ったソースもバゲットにつけて食べました。
d0150688_1221179.jpg
お次は鶏肉とじゃがいものローズマリー風味。鶏肉とジャガイモをオリーブオイル、塩、ローズマリーのシンプルな味付けでいただきます。お鍋に焦げ付いたお焦げも美味しいです。
d0150688_1241343.jpg
サラダは今葉ものが高いので、コーンとハム、セロリのコロコロサラダ。白ワインビネガーのさっぱりドレッシングでいただきます。最後にちょっと一味唐辛子を振るのが隠し味。
d0150688_126818.jpg
全体的にイタリアンな中でちょっと異色ですが、さっぱりしていて合うかなと思って作ったのが、以前お料理教室で習ったサルサメヒカーナ&ワカモレディップ。トルティーヤチップにつけて。ビールに合うものと思っていましたが、白ワインとも意外と合いました。
d0150688_1284288.jpg
そしてシメはアスパラとパルミジャーノのリゾット。チーズの風味と、アスパラのあおい美味しさを活かした一品です。ポイントはとにかくチーズをたくさんいれるところですかね。
d0150688_1341028.jpg
最後に、ワインはカラバス・シャルドネ・バロン・フィリップ・ド・ロートシルト2008年。このワイン、市川海老蔵さんと小林麻央さんの結婚披露宴で振舞われたワインだそう。ネットでちょっとスペシャルな感じがして美味しそうな白ワインないかなーと探していて見つけました。意外とリースナブルなんですよ。フルーティーだけどしっかりした味が美味しかったです。

プレゼントのニットも気に入って、ご満悦のオレさまは1週間の疲れもあるのか、さっさと寝てしまいました。
オレさまにとって素敵な1年になりますように。
ハッピーバースデイ!
[PR]
by mizuki_n0314 | 2010-10-16 01:20 | meshi


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
DEAN & DELUC..
from 殿のBlog
謹賀新年 今年もよろしく..
from 表参道 high&low
家飯 海南鶏飯
from 表参道 high&low
お花見 代々木公園
from 表参道 high&low
検索
その他のジャンル
最新の記事
画像一覧